全長約37mの迫力を体感、「巨大恐竜展 2024」が7月から開催

今年1月に、ロンドンの大英自然史博物館で好評を博した企画展「Titanosaur:Life as the Biggest Dinosaur」が、この7月に、待望の来日。国際巡回の記念すべき第一会場として、7月13日から9月13日までパシフィコ横浜で「巨大恐竜展 2024」が開催される。

かつて地球上を悠々と動き回っていたのは、30mを超える体を持つ恐竜やマンモス、10mの巨体で空を舞う翼竜、現在も生息する15m級のナガスクジラなど。巨大化したこれらの生物たちの標本を通して、その進化の過程や、なぜ大きくなる必要があったのかに迫る展示が興味深い。

見どころは、世界最大級の巨大竜脚類、パタゴティタン・マヨルム。全長約37mという大迫力の全身復元骨格標本や、わかりやすいインタラクティブ展示に触れれば、体重約57tという驚くほどの巨体が地上をリアルに歩く姿を想像することができる。

その他にも、福井県立恐竜博物館、福井県立大学恐竜学研究所の監修のもと、竜脚類以外の恐竜や、同じ時代を生きた数々の生物の標本が集められ一堂に展示される。恐竜の繁栄の歴史に触れながら、現代生物にも通じる進化の過程にも触れることができる。

さらに、大迫力の動く恐竜ロボットも登場。研究者たちが作り出したリアルな動きを見せる巨大恐竜バロサウルスや、福井県で化石が見つかったフクイティタンの姿には、子どもたちも大興奮間違いなし。同じ地球上を生きた巨大生物の姿からのメッセージを受け取ることのできる、貴重な展示だ。

【展覧会概要】
巨大恐竜展 2024
会期:2024年7月13日(土)~9月13日(金)※会期中無休
会場時間:9:00〜17:00(8月10日〜18日は 19:00 まで/入場は閉場の30分前まで)
会場:パシフィコ横浜 展示ホールA(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
問い合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル)
チケットに関する情報は、公式サイトまで

Text: Miki Suka