Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2020.01.10

第44回:salvia デザイナー セキユリヲより
地域の新しいご縁を大切に。今年は北海道で新年を迎える。

女性は子どもを産むとみんな「はは」になる。当たり前のことだけど、みんなそれをどう受け入れ、日常を送り、自分の生き方を新たに手にするのでしょうか。この連載では、クリエイターとして活躍する二人の「はは」に手紙をやりとりしていただきます。それぞれの悩みや愚痴、ときに葛藤、あるいは日々の喜びから、あなたや私の「はは」としての生き方のヒントがみつかるかもしれません。2月からは、人気絵本作家であるtupera tuperaの中川敦子さんとサルビアを主宰するデザイナーのセキユリヲさんによる往復書簡をお届けします。

セキユリヲさんから中川敦子さんへ。

 

──────

 

中川敦子さま

 

いよいよ2020年がやってきましたね。近所の国立競技場がオープンして、本当にオリンピックがはじまるんだ、という実感がわいてきました。今までにない大混雑になるであろう東京で過ごすのはちょっと不安もあり、期間中はどこかにゆるりと旅にでも出たいところ……だけど起こることをこの目で見てみたいという気持ちもあります。

 

前回の写真の金屏風に描かれた葵祭の行列、斬新! 古くから続く歴史も、tupera tuperaが切り取るとこんな風に楽しく見えるんだなあ、面白いなあと思いました。重みのあるもの、とっつきにくいものも、お二人が表現すると途端に楽しくて目が離せない作品になっちゃうのがすごい!

 

お正月はのんびりできましたか? 我が家は例年、元旦になった早朝のうちに近所の八幡宮にお参りに行きます。行列している間、近所の小学生が書いた書き初めの作品がずらりと並んでいるのを見て「ああ、この子うまいねえ」「この子、上手じゃないけど一生懸命な感じが好き」なんて夫婦で話すのも毎年のこと。お参りしたらおみくじを引いて(去年長女は大吉だったな)、家に帰ります。元旦の午後からは、都内の夫の実家でおせちを食べたり、集まった子どもたちとゲームをしたり。うちの子たちが一番小さいのでみんなにすごく可愛がられて帰ってきます。2日か3日には私の実家に行ってまた飲んだり食べたり。4日は先輩のお家で新年会、とバタバタとしているうちに、すぐいつもの日常がはじまっちゃう。お正月くらいゆっくりしたいなあと思っても、3度のご飯と洗濯、掃除、いただいた年賀状の返信を書いたりしていると、あっという間に過ぎてしまいますね。

今年は初めて、北海道で年越しなんです(これを書いている今は年末です)。外は一面雪で真っ白、夜はマイナス10〜15度と凍るような寒さなので、関東のように深夜並んでのお参りなんてしないんだろうな。驚いたのは、家によって大晦日からおせち料理を食べる風習があるということ。12月31日の夕食からおせちやカニ、お寿司を豪勢に食べ、深夜に年越しそばをすすり、お腹がはちきれそうになりながら家族揃って新しい年を迎えるのだとか。ちなみにうちの実家は大晦日の夕食にお蕎麦を食べて、早々に「年越し」をしてしまう家でした。それも珍しいのかな。

 

去年は年末だけ北海道で過ごして「飯寿司(いずし)」と呼ばれる郷土料理をおすそ分けしていただき、すごく美味しかったです。北陸などにも伝わる「なれずし」のひとつで、ハタハタや鮭などの魚と、人参や白菜などの野菜に、米麹を重ね、重石を乗せて漬け込んで1〜2ヶ月乳酸発酵させたもの。まろやかな酸っぱさと甘さと独特なうまみがあって、お酒もご飯もすすんでしまう! 北国の冬の知恵が詰まった保存食です。ちょっと子どもにはまだ早いかなという大人の味ですけどね。今ではデパートなどで買う家庭が多いらしいのだけど、いつか近所のおばあちゃんに教えてもらって自分でも作ってみたいな。

 

北海道の家のお向かいに働き者のおじいちゃん・おばあちゃんがいてね、旦那さんが山に入って、食べられるキノコを見分けて採取して、奥さんがそのキノコをさっと醤油とみりんと生姜で和えて持ってきてくれたりするの。キノコが新鮮でトロトロと溶けるような美味しさで、ご夫婦二人のあたたかさがぎゅっとしみ込んでいる。こんなふうに地域に素敵なご縁ができつつあって、これから、この環境でしかできないことを周りの人にたくさん教えてもらえそうです。

 

息子さんはいよいよラグビーチームに入会したのね。習い事っていろいろあって迷ってしまうけど、本人が選んだ道が一番。きっと楽しみながらできるね!

娘さんは春に中学生、早いねー。心も体も大きく成長する時期。今までとは違う考えや悩みも出てきそうだけど、敦子さんは子どもの気持ちをいつも伸びやかに受け止めてくれそう。またお話聞かせてね。残り1回の往復書簡となり、さみしいですが。

ではまたね。

 

セキユリヲ

──────

 

次回更新は1/24(金)の予定です。絵本作家tupera tuperaの中川敦子さんからのお返事です。

LATEST POST 最新記事

〈AKOMEYA TOKYO〉みんなが笑顔になる「バレンタインの贈りもの」開催!
光と風が抜ける快適な空間に、こだわりを詰め込んだ森ファミリー|HOUSE STORIES Vol.4
木製デザイン雑貨ブランド〈ハコア〉初!「Hacoa Exhibition & Shop 木工とチョコレートの関係」開催
第45回:tupera tupera 中川敦子より<br />テンテコマイの時期が過ぎれば、見守ったり、受け止めたりが母親の仕事。