11『かぎばあさんの魔法のかぎ』パイナップルのせハンバーグの魔力

子どもと一緒に読んで作って食べたい「おいしいおはなし」。今日は、一度読むと忘れられないかぎばあさんのハンバーグを。

心に小さなトゲが刺さった時の特別なハンバーグ

「私、子どものときにあの本を読んで以来、お肉とフルーツの組み合わせのメニューに抗えなくなってしまって」

とは、おはなしで読んだおいしいもの、についておしゃべりしていた時のある女性の告白。〝あの本〟は『かぎばあさんの魔法の鍵』です。

主人公の広一くんは鍵っ子です。ある日、せっかく算数で100点を取ったのに、先生のちょっとした一言が心に刺さったまま、「家のなかで、おかあさんがまっていてくれたら、いやなことをぜんぶ、はなしてしまいたいのに……」(P.6)と、ひとり帰宅します。

子どもの頃には、心に小さなトゲがささったまま、どうして良いか分からず途方に暮れてしまうことがよくあります。友達の悪気ない冗談、大人のちょっとした態度、先生の何げない一言。家族でも友達でも、誰かに話せればいいのですが、話すタイミングを逸したり、どう話して良いか分からず、小さなトゲを抜くことができません。

広一くんにトゲを抜くきっかけをくれたのは、かきばあさんでした。鍵をなくした(実はウソ)という広一くんのために、不思議な鍵束で家のドアを開け、おいしいごはんを作ってくれると、広一くんの悩みを解決するための魔法を授けてくれます。

と書くと、まるでやさしい魔法使いのおばあさん、という感じですが、「……わたしも、せわしくて、せわしくて……いっそのこと、インスタント食品にしたいぐらいなんだけど、このかぎばあさんが、かわいいかぎっ子たちに、まさか、インスタント食品では、もうしわけがないだろう……」(P.17)と軽くぼやいたり、「……頭というものは、安もののおなべとはちがうんだから、つかえばつかうほど、よくなるというのは、ほんとうなんだよ」(P.33)なんてへンなたとえでお説教したり、妙にリアルなところが魅力。

そんなかぎばあさんの作ったお料理が、パイナップルをのせた特大ハンバーグです。

***

おばあさんは、大きなハンバーグの上に、油でやいたパイナップルをふたきれ、のせました。

(中略)

ナイフとフォークをもって、広一はハンバーグをたべはじめました。パイナップルがあまくて、なんともいえない、いいあじです。(P.21)

***

その大きさはラグビーボールくらいだそうですから、読んで想像するに、実に衝撃的なハンバーグです。読んだ人の記憶(味覚)にも、しっかり刻まれてしまうわけです。

冒頭の女性曰く「大人になった今だと、一週間がんばった金曜日の夜なんかに食べたいな」。

このハンバーグを食べながら今日のあれやこれやをおしゃべりすれば、大人だって子どもだって、きっとぐんと元気になって、心のトゲも知らない間になくなっているはずです。

『かぎばあさんの魔法のかぎ』手島悠介著/岡本颯子絵(岩崎書店)鍵をなくしたかぎっ子の広一のところへ、世界中の「鍵をなくして困っている人」を助けているかぎばあさんがやってきます。小さな秘密や悩みを抱えている広一のことを、かぎばあさんはお見通し。おいしいごはんを作ってくれると、広一の悩みを解決するための「魔法」を授けてくれます。

パイナップルのせ特大ハンバーグ(2人分)

牛ひき肉・・・500g
玉ねぎ・・・1/2個
にんにく・・・1/2かけ
パン粉・・・1/2カップ
オリーブ油・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/2
ナツメグ・・・少々
パイナップル缶詰・・・4枚
パイナップル缶の汁・・・大さじ1
バルサミコ酢・・・大さじ1/2
醤油・・・小さじ2
付け合わせの野菜・・・適宜

1)下準備。玉ねぎはみじん切りにしておく。にんにくはすりおろす。パン粉はオリーブ油をふりかけてよく混ぜておく。

2)ハンバーグ種をつくる。ボウルに牛ひき肉、1と塩、ナツメグをいれて手でよくよくかきまぜる。全体が混ざったらラップをして、冷蔵庫で20分ほど寝かす。

3)成型する。寝かせたハンバーグ種を二等分にし、楕円形にまとめる。中の空気を抜くように表面を手でたたき真ん中を少しへこませる。ふちもポンポンとたたきながら整える。

4)焼く。フライパンにオリーブ油(分量外)を少々ひき、中火にかけてよくあたため、ハンバーグを入れて焦げ目がつくまで7分ほど蓋をして焼く。裏返し、弱火にして5分焼いたら、熱湯を100mlほど(分量外)を加え、蓋をして蒸し焼きにする。水分がなくなるまで蒸し焼きにしたら、皿にとる。肉を焼いたフライパンでパイナップル両面を軽く焼き、ハンバーグの上にのせる。

5)ソースをつくる。4のフライパンに、パイナップルの缶詰の汁とバルサミコ酢を入れてとろっとするまで煮詰め、最後に醤油を加えて火を止め、ハンバーグにかけてできあがり。

POINT パイナップルの甘さと合うような、お肉がっつりしっかりのレシピです。牛ひき肉は、すね肉のひき肉など使っても、食べ応えあっておいしいですよ。
Photograph: Shinsaku Kato
Food & Recipe: Kiyoe Yamasaki
Styling: Reiko Ogino
Edit & Text: Sachiko Kawase
DATE 2017.02.21
<
>
2017.05.13(土) - 2017.05.13(土)
2017年5月13日(土)

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017