Lifestyle magazine
for modern family
DATE 2017.11.20

02 知識ではなく、生き方を教える学びの場
“ 異才” を発掘する、 ROCKET プロジェクト

学校や塾に習いごと、毎日忙しい子どもたちにとって自分らしく生きられる「学び」とはどんなものなのでしょうか?学校教育にとどまらない、独自のエデュケーションを進めるスペシャリストたちが、実践的な新たな学びのかたちを紹介していくコラムシリーズ。
今回は、ユニークな子どもたちの個性を活かす「異才発掘プロジェクト ROCKET」を推進する、東京大学の中邑賢龍先生のお話を、3回にわたりお届けします。第2回目となる今回は、ROCKETの教育の指針となる、いくつかのポイントをご紹介していきます。
・第1回目「学校に行かないのは、悪いこと?」と合わせてご覧ください

1. リアリティを追求する

 最近の子どもは万能感にあふれています。インターネットで知識が満たされた子どもは、親が天才ではないかと錯覚するに十分です。しかし、突っ込んで話していくと彼らの知識がリアリティのないものであることに気づきます。現実と結びつかず応用できないまま知識をたくさん吸収した子どもたちをやみくもに褒めて育てるのは危険です。今後訪れるAI(人工知能)社会において、真っ先に駆逐される危険性を感じます。知識を調べて覚えることより、知識はどのようにして生みだせるかを教える必要があります。

 そこで、子どもの興味関心があることを専門家が教えるようなことはROCKET では行っていません。なぜなら学びは自分でするものだからです。その代わりROCKET の子どもたちは申請制度を利用できます。「もっと高性能のパソコンが欲しい」「専門家に会いに行く旅費を出してほしい」などの申請があれば、その都度彼らの申請書を審査して物品や機会を提供しています。我々が教えていく必要があることは学び方や生き方にあると考えているのです。

 ROCKET のある日の社会の授業を紹介しましょう。朝、部屋に集まった子どもたちはスマホを没収され、紙と鉛筆、1日の食費・交通費の1000円を渡されます。その後、「日本の鳥居の種類を調べたいから、夕方まで各地の鳥居を探してスケッチしておいで」とだけ告げられ、都内に散っていきました。しかし、地図なしに鳥居を探すのはなかなか大変です。夕方、鳥居のスケッチを終えた子どもたちがヘトヘトになって帰ってきました。それでも全員のスケッチを集めると数十枚の鳥居のスケッチが机の上に並びます。それらを分類していくと、直線型の鳥居(神明型)と反り返ってプレートがついた鳥居(明神型)に分かれることに気づきます。「わかった! 2種類だ!」と声を上げる子どもたち。でもそこで彼らに追い打ちをかけるのがROCKET 流。「これで分類ができたと思うのは間違いだ! 北海道から九州・沖縄までくまなく鳥居を調べて回って初めてわかる。それを実際に歩いて確かめるのが研究であり、君たちのやっていることは人の知識の確認作業にすぎない」と伝えます。インターネットがあれば1 分以内にわかる答えをわざわざ時間をかけてやるのはなぜかと問われれば、「子どもに知識の生みだし方を教えたいから」と答えるだけです。この授業で教えたかったのは、鳥居の種類ではなく、知識を生みだすことの大変さだということに皆さんにも気づいていただければと思います。

明治時代からある東大の研究棟の 一角にあるROCKET の拠点教室。
教室に併設されたキッチンでは、イカをさ ばくなどの料理実験を行う。
子ども たちから届く、自身のやりたいことを綴った 申請書。