Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2018.12.20

この冬マストバイの個性派ブーツ8選

スニーカー全盛の昨今だけど、寒い冬はやっぱりあったか+オシャレなブーツで装いたい。カジュアル、モード、フェミニンなど、それぞれの個性を彩るトレンドブーツをセレクトしました。

01.〈ペリーコ サニー〉のニーハイ2wayストレッチブーツ

何と言ってもこの冬オススメの一足といえば、シックな装いもモードな装いも今年らしくアップグレードしてくれるニーハイブーツ。柔らかくしなやかなゴートスエードの、マットな質感は冬の素材ならでは。少し素朴なテクスチャーは、ナチュラルな風合いの洋服とも相性が良さそうです。
チャンキーなヒールは安定感もあり、また、ひざの折返し部分を伸ばせばさらに丈を長く伸ばせる2way。ストレッチが効いた素材だから、足のラインも美しく見えます。ロングブーツ初心者にも挑戦しやすいブラックをセレクトしてみて。

〈 PELLICO SUNNY〉ニーハイ2wayストレッチブーツ
価格: ¥55,000(税抜)

02.〈ダニエラ&ジェマ〉のサイドスタッズショートブーツ

上品なスタッズでトリミング装飾されたショートブーツは、横顔の美しさが自慢です。少し勇気のいるピュアホワイトのショートブーツですが、この一足でお洒落の幅はぐっと広がりそうな予感です。
チャンキーな6.5cmヒール、スッキリとしたトゥのシェイプで、タイツを合わせたシックな装いはもちろん、カジュアルなパンツスタイルもアップグレードしてくれそう。お家訪問などをする機会の多い年末年始でも、バックジップデザインで着脱が煩わしくないのも嬉しいポイントです。

〈Daniella & GEMMA〉サイドスタッズショートブーツ
価格:¥25,000(税抜)

03.〈ソレル〉のライリースノーブーツ

寒さ本番の真冬でも、怖いものなしの本格派スノーブーツは〈ソレル〉の得意分野です。スノーブーツといっても大変洗練されたフォルムなので、タウンユースでもスタイリッシュに履きこなせます。
見た目にも暖かい、スエードとキルティングの異素材コンビネーションは、デザイン性が高く、前から見ても後ろから見てもこれまでのアウトドアブランドとは異なるおしゃれ感が漂います。キッズと一緒にたくさん歩くシーンでも快適に大活躍してくれるはず。

〈SOREL〉ライリースノーブーツ
価格:¥18,000(税抜)

04.〈サルトル〉のロングブーツ

いつの日か履きたいと思っていた憧れの乗馬ブーツの中でも、ステイタスが高いブランドといえば、フランス発の〈サルトル〉。ベルトを巻きつけたようなバックデザインが特徴的です。品格を大切にする〈サルトル〉ならではの、定番ロングブーツは、どの部分を切り取ってもスタイリッシュ。
パンツにもスカートにも合う4cmヒールで、凛とした美しい佇まいはインポートブランドならでは。どんなファッショントレンドであっても、毎冬履くの楽しみにできる一生ものとして、ワードローブに加えたい一足です。

〈SARTORE〉バックベルトロングブーツ 価格:¥110,000(税抜)

05.〈トリッペン〉のDEERショートブーツ

ロゴがデザインモチーフになっているラバーソールが特徴的な、ベルリン生まれの〈トリッペン〉は、年齢を選ばずカジュアルに上品に履くことのできるブランドです。使えば使うほどに、自分の足に馴染んでいくしなやかなレザーは素朴な風合いで、肩の力を抜いた自分らしいスタイルとの相性は抜群でしょう。
〈トリッペン〉ならではのラウンドトゥは、まるでスニーカーを履いているかのように快適に足を包みます。暖かさも歩きやすさもスタイルも、全てをクリア。年末年始のカジュアルなお出かけにぴったりなブーツです。

〈trippen〉 DEER ショートブーツ 価格:¥61,000(税抜)

06〈ホワイトマウンテニアリング × アグ〉の刺繍フロントゴアブーツ

素朴な民俗調刺繍がほどこされたシープスキンのブーツは、履き口がゴムになって、まるでスニーカーのように気軽に使用できるのが魅力的です。真冬を乗り切るべく、足元からしっかり暖かさをキープしてくれる作りは、さすが、シープスキンの老舗〈UGG〉ならでは。
定番のブーツを卒業して、大人のカジュアルスタイルを楽しみたい方にオススメです。〈ホワイト マウンテニアリング〉とのコラボでのみ展開する、フロントのゴムデザインや、特別仕様の少し厚めのソールは、通常のモデルにはない、スペシャル感。遊び心の溢れるデザインにぜひ注目してください。

〈White Mountaineering〉【WM×UGG】刺繍フロントゴアブーツ 価格:¥32,000(税抜)

07.〈ファビオ ルスコーニ〉のODYソックスブーツ

履きやすさと暖かさを兼ね備えたソックスとブーツのコンビネーション、ソックブーツもこの冬に初挑戦してみたいニューアイテムです。ふんわりとした風合いを持ち、上品さを兼ね備えたストレッチジャカード生地と、細身のポインテッド トゥや細いスティレットヒールなど、どこを取っても文句なしのエレガントさがにじみ出ます。
後ろから見てもスッキリとしたデザイン、上品なヒールの高さも素敵です。特にスカートスタイルに合わせたい、春先まで使えること間違いなし、のお洒落ブーツです。

〈FABIO RUSCONI〉ODY ソックスブーツ 価格:¥40,000(税抜)

08.〈ミナ ペルホネン〉のランマス ショートブーツ

ほっこりと柔らかな印象を持つアンクル丈ショートブーツは、キャラメルのような優しい色が印象的です。履き口をすっぽりと覆うシープスキンが見た目にも暖かく、個性的な足元を演出。少し太めなヒールもいい雰囲気で、地味になりがちな冬のコーディネートを、ノスタルジックに昇華してくれそうです。
フィンランド語で羊を意味する“ランマス”の名前がついたショートブーツ。アンクルブーツなので、タイツやソックスとともに足元おしゃれを楽しみながら、冬を乗り切ってみては?

〈mina perhonen〉lammas ショートブーツ 価格:¥55,000(税抜)