Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2019.08.20

ニューカマーなブランドが目白押し!記念すべき10周年の〈プレイタイム東京〉でMilK JAPON賞を手にしたのは?さらに受賞ブランドからのプレゼントも!

キッズ・ベビーアイテムを中心とし、注目ブランドから最新ブランドまでが一堂に集結する合同展示会〈プレイタイム東京〉。ベビーやキッズアパレルを始め、育児雑貨にギフトと、今年もさまざまなアイテムがラインアップ。ここでは編集部が毎年贈る「MilK JAPON賞」を受賞したブランドをご紹介します。さらに受賞ブランドからMilK JAPON読者へ、オススメコーディネートをプレゼントしてくれる粋なサプライズも。応募方法は本文最後の情報欄をチェック!

日本であまり目にすることのないアイテムやブランドをいち早くキャッチ!

フランス発祥の〈プレイタイム〉は、パリ、ニューヨーク、東京の4都市でバイヤーやプレス向けに年2回開催されています。US、UK、スペイン、フランス、韓国など、世界中のブランドが集まるダイバーシティに富んだ展示会です。

 

〈プレイタイム東京〉は日本で初めて、こどもとマタニティのための大型合同展示会としてデビューをして10年。今回も国際色豊かなブランドそれぞれの個性が際立つ、エネルギーいっぱいの会場でした。まだ日本で手に入らない海外ブランド、安全かつ見た目もキュートな木製おもちゃ、日本ではまだ珍しい布オムツetc…先鋭的なアイテムもずらり。

 

MilK JAPON編集部は毎年、〈プレイタイム東京〉でファッションとエディターズチョイスの2賞からなる「MilK JAPON賞」を贈っています。今回受賞したのはともに初出展のニューカマーなブランド。ブランドの特色やこだわりについて熱意いっぱいに語ってくれました。

第21回〈プレイタイム 東京〉。10周年の今年は一般公開エリア増設。

ファッション部門 〈AVentiQuattrore〉

イタリア発の〈AVentiQuattrore〉は誕生してまだ2年の新しいブランドで〈プレイタイム東京〉も初参加。イタリアといえば色鮮やかなカラーパレットにきらびやかな装飾を想像しますが、〈AVentiQuattrore〉はベーシックなカラーにシンプルなデザインが魅力的。

 

セールスマネージャーのSimoneは「〈AVentiQuattrore(A Venti Quattrore)〉は24時間という意味。僕たちのコレクションはどれも24時間着用できるコンフォータブルなデザインがコンセプトなんだ」と説明します。

 

「母がデザイナーで父が生地工場のオーナーなんだ。全て家族でまかなっている。100%メイドインイタリーで、100%ファミリービジネスだよ。デザインから生産工程まで、全てのプロセスを念入りにチェックし、高いクオリティをベストなプライスで提供できるよう可能な限り努力をしている。これはファミリービジネスだからできることなんだ」。

イタリア発の新ブランド〈AVentiQuattrore〉
ニュートラルなカラーパレットでベーシックながら、ボタンやリボンなどさりげないディテールがユニーク。

シンプリシティを追求したデザインにはフリルやリボンといったさりげないディテールを施している。ベーシックなラインは保ちつつ、個性の主張はしっかり。そんなバランスがとれた洗練されたデザインは見ていて楽しい。

 

「装飾は、服がより美しく見えるように加えているんだ。オムツ替えをしやすいような工夫をしたりと、子供にとって着心地よく、かつ親のストレスを軽減できるワードローブを生み出すことに注力している」。

ブランドのこだわりを随所で感じることができるブース作りも見どころ。

ユニセックスアイテムも豊富で、コレクションルックはどのアイテムを組み合わせても違和感がないように作られているという。自由にコーディネートし、着る楽しさを感じること間違いなし。実際に彼らは、MilK JAPON読者のために急遽スタイリングを組んでくれました。

 

その中から、秋冬に役立つベーシックなトレーナーとボトムスのルックをミルク会員にプレゼント!生産者の思いを形にした、愛に溢れたニューブランドは多くの人の心に届くはず。1人でも多くの日本人にぜひ肌で感じて欲しいです。

エディターズチョイス部門 〈Coco Au Lait〉

メキシコ発の〈Coco Au Lait〉も同じく初参加。メキシコとマドリードをベースに、5年前にブランドをスタート。創業当初はメキシコだけでビジネス展開していましたが、1年前にインターナショナルに目を向け、以降ピッティやパリなどの展示会に積極的に参加しています。今まさにインターナショナルブランドへと成長中の注目ブランド。「今回がアジア初進出なの」とクリエイティブ・ディレクターのエリカは今回の意気込みを語ってくれました。

アジア初進出を果たしたメキシコ発の〈Coco Au Lait〉。

暖かい国ならではの豊富なカラーパレットやプリントにははっと目を奪われる。中でも、大胆なカッティングのスイムウェアや柔らかな生地をふんだんに使ったワンピースなど、ちょっと背伸びしたい年頃の女の子の心を掴むアイテムがたくさん。

 

「メキシコ発のインターナショナルなキッズブランドはこれまで聞いたことがない。私たちが橋渡しとなって、もっと多くのブランドが生まれて欲しいと思っているの。だから今回賞をいただけたことは私たちにとっても大きいこと」と喜びを語ってくれました。

 

「私たちのブランドはコレクションごとにテーマを決めているの。今回は”grounded”。よく小さい頃に両親から”stay grounded(落ち着きなさい)”って言われていたの。自分の幼少期を振り返り、当時よく過ごしていた砂漠に着目した。多くの人がメキシコというとまず海やビーチを思い浮かべるけれど、実は多くの砂漠がある。砂漠は乾燥していて、一面砂に覆われた過酷な環境だと多くの人が認識しているはず。でも、砂漠はとても綺麗なの。砂漠の砂にできた模様やサンセットの情景、砂漠に住む虫たちも色とりどり。とても美しい場所なのよ。」

 

実際にサンセットや砂漠で見ることができるカラーを巧みに使い、砂漠にできた模様をストライプのようにワンピースに採用しています。さまざまな虫たちのプリントTシャツなどユニークに落とし込んでいるところも彼女たちならでは。

 

「今回のルックブックも実際に砂漠で撮影した。子供たちはみんな楽しそうに撮影に臨んでくれていたわ」。

色鮮やかなカラーパレットに加え、実際に砂漠で撮影したルックブックからも異国情緒が漂う。

さらにレイヤードを楽しめるデザインもポイント。新しいスタイリングアイデアが浮かぶとディスプレイを変えているというエリカ。

 

「スイムウェアとニットのショートパンツだってパーフェクトマッチするわ。カーディガンは、カジュアルなTシャツの上に羽織ればデイリーに、ワンピースとあわせればちょっと特別なオケーションにも使えるの」。

 

そんな彼女は「今回のショーで多くのキッズたちを見て、カラーリングやレイヤードなど、メキシコやヨーロッパとは違ったテイストを感じ取ったわ。服の重ね方などを見ていて、私のブランドはジャパニーズキッズにもマッチすると思った」と話しながら、ぱぱっと慣れた手つきで「日本のこどもたちにはこんな風に来て欲しいわね」と最新ルックを使ってスタイリングを組む。

 

その中からさまざまなシーンで活躍するワンピースとカーディガンのコーディネート、そして甘すぎないバグのプリントTシャツと砂漠の砂模様がユニークな着心地抜群のパンツルックをミルク会員にプレゼントしてくれました。

国内外で個性溢れる最新ブランドがどんどん誕生している昨今。こだわりやクラフツマンシップ、そして感度の高いキッズブランドにいち早く出会える〈プレイタイム 東京〉をぜひチェックしてください!

LATEST POST 最新記事

そんなふう 57
参加無料!「親子で楽しむ!! キッズワークショップ in 明治大学」開催
〈ギャップキッズ〉&〈ベビーギャップ〉から心躍るパーティルックアイテムが新登場!
〈チームラボ〉が手掛ける「チームラボ 高知城 光の祭」が今年も開催!