代表のナガオカケンメイさんに本展について伺ったインタビュー)" /> 47都道府県の子どもたちへのものづくり [中部エリア] | MilK JAPON WEB
Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2017.05.10

47都道府県の子どもたちへのものづくり [中部エリア]

東京・渋谷ヒカリエ8Fにあるd47 MUSEUMでは、4月6日〜6月11日まで〈47こども道具展〉を開催。子どもたち自身が使う器、おもちゃ、衣服、家具などを47都道府県から集め、展示・販売しています。今回はD&DEPARTMENTが選び抜いた「子どもたちのための道具」をエリアごとにご紹介します。
代表のナガオカケンメイさんに本展について伺ったインタビュー

015. 新潟 「G.F.G.S.」

1~6歳/ORDER BORDER-PLAY KIDS/9,180円/G.F.G.S.

繊維の町のみんなでつくる、セミオーダーのカットソー

ニットなどの繊維産業が盛んな地域性を活かし、近隣工場と協業してつくる完全受注生産のカットソー。ボーダーの幅、カラー、ボディタイプなどを選び、注文を受けてから生地の編み立てを開始。生地を無駄にしない工夫から、オリジナルな一着が生まれる。好きな色を一緒に悩んだり、完成までの時間を親子で共に楽しめる。

016. 富山 「ショウワノート」

9~12歳/ジャポニカフレンド/194円/ショウワノート

老舗学習帳メーカーの、友達のようなノート

「ショウワノート」は封筒や伝票などのメーカーとして1947 年に高岡市に創業。「ジャポニカ学習帳」は、丈夫なノートをつくろうと国産紙を使い、全て本社工場にて製産されている。小学生高学年向けの「ジャポニカフレンド」は、時代の変化に合わせて表紙を一新し、子どもたちに「笑顔と元気を届ける」シリーズ。

017. 石川 「東製陶所」

3歳~/くーわん/2,592円~/東製陶所(問い合せ先 コド・モノ・コト)

九谷焼の窯元がつくる、きちんと持てる子ども碗

子どもの日常をテーマに活動する「コド・モノ・コト」とデザイナー吉田守孝が取り組んだ子ども碗を、九谷焼の窯元「東製陶所」が製作。手挽きロクロで一点ずつ成形され、持ち上げる時に手を入れやすく、指が触れるところは、溝をつけて滑りにくくなっている。子どもの手でもきちんとお碗を持ち、姿勢良く食べる風景を自然とつくりだす。

018. 福井 「ボストンクラブ」

5〜12歳/ベセペセ・キッズBK シリーズ/19,440円/ボストンクラブ

メガネ産地・鯖江から生まれた、ポジティブになれるメガネ

1984年創業の「ボストンクラブ」のキッズメガネは、シンプルなデザインとカラーリングで、大人と同じようにコーディネートを楽しめるコレクション。子どもが初めて眼鏡を持つ時に抱えがちなネガティブなイメージを、ポジティブに変えることをコンセプトとし、素材から掛け心地にこだわり、全て鯖江でつくられる高品質なメガネ。

019. 山梨 「小林メリヤス」

0〜2歳/Cofucu babyシリーズ/2,376円~/小林メリヤス

甲府盆地の美しい環境で生まれる、未来を見据えたベビー服

かつて桑畑が一面に広がっていた南アルプス山麓で、製糸工場として創業し、1949年にニットウェアの製造を始めた「小林メリヤス」。原料から製造工程などでホルマリンや有害物質を使わず、安全性、衛生面、高品質が求められるベビーニット分野の草分け的存在として、「20年後の地球につなぐ」ため、安全なものづくりをおこなう。

020. 長野 「木曽漆器工業」

6歳〜/漆食器セット/43,200円/木曽漆器工業

木曽の素材で丈夫になる、小学校でもつかわれる漆食器

五街道のひとつ「中山道」を行き交う人々により、「木曽ひのき」を始めとした木曽の良材を用いた庶民の漆器「木曽漆器」が育まれた。地元で発見された、鉄分を多く含む「錆さびつち土」と漆で下地塗りを行う技法により、堅牢な漆器として確立。地元では、学校給食用食器として本格導入した小学校もあるほど、日常で使える漆食器。

021. 岐阜 「オークヴィレッジ」

1歳~/森のどうぶつみき/12,960円/オークヴィレッジ

「匠の国」の木工集団がつくる、五感で楽しむ無垢のつみき

木材資源豊富で、かつてから「匠の国」と呼ばれた飛騨高山。現在も優れた職人が木製品を生み出す土地で、お椀から建物まで手掛ける木工集団「オークヴィレッジ」では、「100年かかって育った木は100年使えるものに」という理念で、国産無垢材のみを使用し、木目や香り、手触りなど五感で楽しむおもちゃづくりに取り組む。

022. 静岡 「キシル」

4歳~/4本脚デスクプレミアム/53,000円~/キシル

木工部品の職人が残る浜松でつくられる、ほんとうの木に触れるデスク

ピアノなどの楽器に使われる、木工部品の職人がいまも残る浜松で、2002年に創業した「キシル」。人工的に植えられた杉やひのきが、使われずに山に残っている現状を知り、県内の桧を中心とした国産木材で家具をつくる。使い込むほどにツヤを増す机と椅子は、木目プリントでは感じられない、本物の木の質感を感じることができる。

023. 愛知 「石塚硝子」

2歳~/つよいこグラス/291円~/石塚硝子

老舗ガラスメーカーの、小さな手で持てる欠けにくいグラス

ガラスの主成分「ケイ砂」の国内最大の資源地帯から20km程の岩倉市に本社工場を構える「石塚硝子」。加熱後に急激に冷却する物理強化により、口部を強化させた「つよいこグラス」は、通常のグラスに比べて、割れたり、口欠けしにくいことが特徴。割れることを避けるのではなく「割れるものは丁寧に扱う」ことを伝える。

 

次回は [近畿エリア]をご紹介します。