Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2019.10.16

アニマルたちが描く未完成なパターン。ジャン・ジュリアンと〈プチバトー〉のコラボアイテム発売記念インタビュー

〈プチバトー(PETIT BATEAU)〉とジャン・ジュリアン(Jean Jullien)のコラボレーションが発売となりました。ジャンのアイコニックなアニマルたちが今回のコレクションを身につけている姿は、なんともキュートで印象的。発売を記念したスペシャルPOP UPイベントの会場で、来日したジャン・ジュリアンに今回のストーリーや、コレクションのこだわりについて、直接聞くことができました。さらに今回は、〈プチバトー〉からミルク会員へ、スペシャルなプレゼントがあります。応募方法や詳細は記事のラストをチェックして。

〈SO-CAL LINK GALLERY〉のゆとりある空間にはコレクションが並び、犬、猫、しまうま、ヒツジがアイテムを着用し、手を取り合って遊んでいます。中には顔部分がデジタルディスプレイになっていて、耳や目が動くインスタレーションも。スマートフォンで参加できるアニマル診断も実施し、今回登場した動物たちの中であなたにあったキャラクターを選んでくれます。診断後はキュートなお面がもらえました。

〈SO-CAL LINK GALLERY〉にて行われた「ジャン・ジュリアン×プチバトー」の特別展示。
スマートフォンで参加できるアニマル診断に参加すると、診断後にキャラクターのお面がもらえました。

フランス出身のジャン・ジュリアンは、ユーモア溢れる穏やかなイラストが持ち味のイラストレーター兼グラフィックデザイナー。時に風刺的であり、また時にシニカルな彼の作品は国内外で絶大な人気を誇っています。

今回のコラボレーションについて聞くと、「アイコニックなフレンチブランドである〈プチバトー〉とのコラボはとてもワクワクしたよ。僕自身子供が2人いるしね」と笑顔で回答。そして、実は〈プチバトー〉とのコラボレーションは2度目だと明かしてくれました。

「初めのコラボは、ロンドンのキングス・クロス・セント・パンクラス駅にある〈プチバトー〉のショップオープンのとき。プリントアイテムを作ったんだけれど、またチャンスがあるのなら、今度はもっと大々的に、そして素材にもこだわりたいと話していたんだ。今回はとても時間をかけて作ることができたし、ユニークな仕上がりになった。とても満足しているよ」

イラストレーター兼グラフィックデザイナーのジャン・ジュリアン。イベント会場にて。

コレクションの特徴は、シンプルなパターンをニッティングで描いているところ。これはフランス・トロワに位置する〈プチバトー〉の工場で製造されました。

「プロジェクト初期はプリンティングやグラフィックという話をしていたんだ。けれど、もっと違う方法を試したかった。プリントやグラフィックならどこのブランドでもできるからね。〈プチバトー〉がフランスに工場を持っていることは知っていたので、技術者の才能と僕の才能をミックスした。全く新しい商品をプロデュースしたいと考えたんだ。そのほうがチャレンジにもなるし作りがいもある。トロワの工場はどんなことでも実現でき、ディテールまで一切抜け目がない。だから実際にどうやって作られているのか知ることができたのはとても興奮したよ」

技術者とデザイナーのスキルを感じることができ、クリエイティビティーが光るコラボレーション。生まれたアイテムたちは〈プチバトー〉とジャンにしかできないスペシャルな作品です。

人との関係性を大切にクリエイティブワークを続けているジャンは、お互いに刺激を感じる人やブランドとコラボレーションをするのだそう。

「実際に工場を訪れた経験は、今回インスピレーション源の1つだった。メイド・イン・フランスにこだわり、さらに工場で働く人たちと接点を持てたことは素晴らしい経験だったよ。工場の人たちは〈プチバトー〉をとてもよく理解している。それに、僕のアイデアや作品をどうやって作るのかということにとても興味を持ってくれた。もちろん僕も彼らがどう製品を作るのか、その工程にも興味があったから、このコラボレーションが最高のものになると思ったんだ」

そして洋服を手に取り、「柄を近くで見るとピクセルのようなんだけど、少し距離を置いて見るとブラシで描いているように見えるでしょう?僕が描いたラインを忠実に再現している。工場の人たちのスキルはとてもファンタスティックだよ」と今回のコレクションのスペシャルな作りを満足げに説明してくれました。

「ジャン・ジュリアン×プチバトー」のアイテム

シンプルだがハンディ感が溢れるパターンを初めて目にした時、ジャン・ジュリアンの特徴が表れていると感じました。デザインは“シンプル”に着目したところからはじまったそう。

「ストライプやドットのようなクラシックな柄を崩すことからスタートした。それから遊び心を加えていった。今回使ったのはブラシ一本。ナイーブかつシンプルに、まるで子供が描くように線や円を作っていったんだ」

中でも彼のお気に入りは犬のポルカドット。

「多くのブランドがドットの商品を持っていると思うんだけど、これは僕のドットだね。大きさやスペースがバラバラで、パーフェクトじゃないんだ。子供が描いたようにね」
ゼブラもまっすぐなラインはなく、太さもバラバラ。マリンストライプのようなシンプスさを見事に昇華したデザインになっています。

そしてもう1つの今回の特徴は、スウェットやワンピース、ロンパースといったアイテム全てがネイビーとホワイトの2色のみで構成されているところ。

「女の子と男の子のデザインを分けるのではなく、これもあれも選べるっていうコレクションにしたいと思っていたんだ。それは僕もプチバトーも同じ見解だった。最近は男の子っぽい格好をした女の子もいるしその逆ももちろんいる。性別の垣根を取り払うことも重要視したね」

ネイビーとホワイトの2色のみを使い、ドットとストライプのシンプルなパターンをジャンらしく変化させた。

そして愉快なアニマルたちは、子供達のアバターとして誕生したそう。
「子供たちが服に落書きをしている情景を、動物で再現したよ。シマウマ、犬、猫それぞれがお互いの体の模様を描いたらどんな風になるだろうって想像したんだ」

そんな彼の遊び心あるアイデアはどれも魅力的で、話を聞いていて飽きがこない。
「ヒツジは工場の機械のマークからインスパイアされたんだ」と、実際に機械を写真で見せてくれました。通常ヒツジには模様がないけれど、今回のコレクションには欠かせないキャラクター。そんなヒツジは、ジャンが描いた〈プチバトー〉のロゴにも登場しています。

コラボのために誕生したアニマルたち。

コレクションの楽しみ方を聞くと、「カジュアルなコレクションだから、毎日着てもらえる。子供たちがさらにパターンをプラスするのもいい。染みをつけたって、さらに落書きしてみても楽しいんじゃないかな」と笑顔で粋なアイデアを提案してくれました。

「僕が着ているこのトレーナーはキッズから大人までラインナップしていて、とてもバーサタイルな1着。シマウマのゼブラ柄でもあるし、猫のトラ柄でもある。コレクションの顔と言えるね」

汚れたってそれも色。そんな彼のクリエイティブマインドに惹かれる、素敵なコレクションです。ぜひ一度手にとってみてください。

ジャン・ジュリアンがキーアイテムだとオススメする「ジャン・ジュリアン×プチバトー」のアイテム。

さらに今回は〈プチバトー〉からミルク会員へ、ベビーのワンピース(サイズ:12ヶ月)、キッズのスウェットプルオーバー(サイズ:6歳)、そしてユニセックスのスウェットプルオーバー(サイズ:大人M)の合計3点をプレゼントします。人気アイテムが手に入るチャンス!ぜひ奮ってご応募ください。

LATEST POST 最新記事

英語教育にも!おすすめキッズ向けネット配信コンテンツ10選
〈TODAY’S SPECIAL〉クリスマスの準備をはじめよう!「HOLIDAY MARKET」開催
〈アッシュ・ペー・フランス ビジュー〉×〈ザ・プリンス パークタワー東京〉スペシャルクリスマスケーキ登場!
親子で学ぼう!「わくわく!!プログラミングDAY in 札幌」開催