Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2019.10.11

MilK PROMOTION

理想の住まいを叶える家作りを体感できる見学会へ|クリエイターが考える、理想の家づくり。

アートディレクター、イラストレーターのジェリー鵜飼さん。ブランド〈ULTRA HEAVY〉を手がけ、小説も発表するなど幅広く活躍中。アウトドア好きとしても知られ、日々の暮らしでも自然のなかに身を置くことを重視しています。そんなジェリーさんが、もし家を建てるなら? 理想の家、暮らし方を聞きました。そして夢の住まいを叶える方法があることを知ったジェリーさんは、家族で工場見学に出かけます。

自然のなかで生活をする。

ジェリーさんは、妻の潤子さん、娘の六花ちゃんと東京の一軒家で暮らしています。3歳の六花ちゃんは自然のなかで遊ぶことが大好き。今、一番好きなことは? と質問すると「木登り」と教えてくれました。今住んでいる家の窓から見える景色は豊かな緑。庭では野菜を育てています。ジェリーさん家族にとって、植物があり、動物がいる環境は、日々の生活に欠かせないもの。季節を感じながら暮らしています。

ジェリーさんの理想の住まいとは。

もしもジェリーさんが、家を建てるならどんな家が理想なのでしょうか。

「木のぬくもりを感じられる木造の家に憧れます。八ヶ岳あたりに別荘を建てて、週末に遊びに行く二拠点生活をしてみたいですね。海のそばより、山がいいな。ある程度生活しやすい町の近くでもいいけれど、何もない人里離れたところも惹かれます」

どんどん夢が広がっていきます。

 

そんなジェリーさん、理想の家を現実的に考えた時、重視したいポイントがあるそうです。

「やはり安全性ですね。日本は地震が多い国だから、壊れにくく安全な家を選びたいです」

家族が増えて、より家の安全性を考えるようになったといいます。

建築にも興味があるというジェリーさんがたどり着いたのは「SE構法」という家の建て方でした。

「なんとなく木造建築は、地震に弱いというイメージを持っていました。けれどSE構法で建てた家は木造なのに丈夫で、自由度の高い設計ができるということで注目していたんです。今日はそんな夢のような家作りを見学できる機会ということで楽しみにしていました」

SE構法をもっとよく知るために、京都へ。

向かったのは京都にある岡本銘木店。SE構法の家の構造材の加工を行うプレカット工場です。

※「重量木骨の家」ホームページへ遷移します。