Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2020.03.17

MilK PROMOTION

内と外をつなぐ土間のある暮らしを謳歌する、松尾ファミリー|HOUSE STORIES Vol.5

思い描く理想をカタチに変えていく家づくり。SE構法だから実現できた、こだわりの空間には家族それぞれの想いがつまっている。そんな家での、その後の暮らし。今回は、和歌山に住む松尾さん宅を訪れました。

黒と木材、世界感を統一したスタイリッシュな家。

和歌山県海南市。静かな町の一角に、周囲の住宅からひときわ目の引くスタイリッシュな外観の建物がある。無垢材とブラックのコントラストが美しく、窓枠もすべて黒で統一されている。玄関扉を開けば、長いモルタルの土間が広がっている。その土間はリビングへとつながっていて、扉も敷居もない奥行きのある大空間が、なんとも贅沢だ。

土間にさりげなく置かれたレッドウイングのブーツやクラシックなランタンが、暮らす人の世界感を作り出している。土間とつながった納戸から、ピョコっと顔を出した愛らしい女の子の笑顔とぶつかった。松尾彰彦さんと昌子さんの長女、百香ちゃん7歳だ。ウォークインできる納戸内には、家族のジャケットとたくさんのアウトドアグッズが収納されている。

彰彦さんと昌子さんは、夫婦揃って小学校教員。妻の昌子さんは現在、3人目の男の子の育休中で、1歳の心平くんはよちよちと歩き出したばかり。長男である4歳の亮成くんの後をキャッキャと追いかけている。夫婦の戸建てへの夢は、長女の百香ちゃんが産まれた時からだと話す。

「当時はマンションに暮らしていたんですが、ずっと自分たちの家を建てたいと話し合ってきました」。

その日を夢見て、マンションで家具を選ぶときも、間に合わせで揃えるのではなく、いつか新居で使えるものをと「カリモク」を中心に上質なものを選んでいった。

「土地探しには時間をかけました。さほど家が建ち並んでいなく、ほどよく田舎で、趣味のアウトドアの世界を暮らしながらも体験できるような場所を探していました。自分たちだけの空間を作り上げられたら、と思っていたんです」。

周辺には田んぼもあり、とてものどかな雰囲気。その上、…

※「重量木骨の家」ホームページへ遷移します。

LATEST POST 最新記事

2020 春夏 Dsquared2
【2021年入学】人気ランドセルを完全攻略!〜工房ブランド編
【2021年入学】人気ランドセルを完全攻略!〜王道ブランド編
グルテンフリー&ヴィーガン〈エイタブリッシュスイーツ〉松屋銀座にポップアップストアをオープン!