Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2020.01.24

MilK PROMOTION

光と風が抜ける快適な空間に、こだわりを詰め込んだ森ファミリー|HOUSE STORIES Vol.4

思い描く理想をカタチに変えていく家づくり。SE構法だから実現できた、こだわりの空間には家族それぞれの想いがつまっている。そんな家での、その後の暮らし。今回は、大阪に住む森さん宅を訪れました。

同級生の工務店とともに作り上げた、やすらぎの新居。

大阪府の閑静な住宅街。長女が小学校にあがるタイミングでと、賃貸マンションを離れて、待望の新居を持つことになった森伸亮さんと、妻の知里さん。実家からも近く子育てのしやすい環境でありながら、駅からも近いという利便性の高い立地は、子育て夫婦にとって生活のしやすい場所。

 

「常に子どもの気配を感じられるような、子どもを孤立させないような空間を作りたかったという想いがあります。家は、家族がひとつになる場所でもありますから」

 

伸亮さんの言葉通り、7歳の彩羽ちゃんと3歳の結太郎くんが、はしゃぎながらプレイルームとなったロフトから階下のリビングへと駆け下りてくる。ふたりの軽快な足音は、次第に彩羽ちゃんが弾くピアノの音色に代わり、やがて家族みんなの高らかな笑い声へと変わっていく。やわらかな光が差し込むこの家は、どこにいてもそんな幸せな音に満ち満ちている。

「両サイドを家に囲まれているのに、遊びにくる友人たちからはとにかく、明るい家だねって言われます。南側にも隣家が迫っているんですが、リビングを2階に持ってきているから日差しもたっぷり差し込んで、しかも窓が結露しないのには驚きました。気密性が高くて、夏は涼しく冬は温かいという快適な空間なんです。パッシブデザインに早くから取り組んでいる施工会社さんならではだと思いますね」

 

パッシブデザインとは、太陽の光や熱、通風など、自然エネルギーを最大限に活用することで、快適な住まいづくりを目指す設計技術。建てる家の位置や向き、窓の場所や大きさなどなど、年間を通して変わっていく光と風の通り道を立体的に算出して、快適な居住空間を作り出している。そんな快適な住まいを実現してくれた工務店「タイコーアーキテクト」の社長と伸亮さんは、元来同級生同士だったという。

 

「工務店の過去の作品を見た時に、夫婦ともにとても好みだったんです。家づくりを進めていくうちに、あらためて彼の仕事に対する姿勢や熱意に惹かれていきました」

 

モデルハウスの見学や、実際に入居している家を訪問していくうちに、森さん夫婦も、木造ならではの天然素材のぬくもりを実感。家で過ごす時間が長いからこそ、その“ぬくもり”を大切にしたいと思うようになった。

 

さらに、“明るく開放的な家を”という知里さんの希望を叶えたのは、…

※「重量木骨の家」ホームページへ遷移します。