Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2018.11.27

03 食べることをもっと好きになろう
子どもが健やかに育つ食事とは?

子どもの豊かな食生活のために、味覚について学ぶコラムシリーズ。できるだけ体に良いものを食べさせようとしても、親の思い通りには食べてくれないのが子どもです。子どもにもっと食事を楽しんでもらうためにはどうすればいいのか考えてみましょう。

子どもが健やかに育つ食事とは?

 子どもにとって良い食事とは何でしょうか? なるべく農薬の使われていない野菜を使った料理? さまざまな食材をバランスよく使った栄養満点の料理? どちらも正解ですが、一番大切なのはおかずの内容よりもまず、毎日規則正しい時間にごはんを食べることと考えられています。決まった時間に起きて、ごはんを食べる。この習慣をつけるだけでも、子どもが健康に育つための生活リズムが身についていきます。

子どもの健やかな成長には、早寝早起きは欠かせません。時間に余裕を持って起きると、自然とお腹がすいて無理なく朝食が食べられます。

 特に朝食は、子どもの成長にとって欠かすことのできない食事。私たち人間の体は寝ている間もエネルギーを使っており、朝起きた時には脳も体もエネルギーは空っぽな状態です。特に脳を働かせるためのエネルギーは、ごはんやパンなどの炭水化物に含まれるブドウ糖でしか補給されないので、これらを食べないと頭が働かず、遊びや勉強に集中できないのです。文部科学省が行った「平成27年度全国学力・学習状況調査」によると、朝食を食べている子ほど成績が良く、ほとんど食べていない子に比べると学力調査の平均正答率が約2割も高い傾向にあることが分かっています。

エネルギー源となるごはんやパンの他に、タンパク質やビタミンなどの栄養素を豊富に含むおかずを合わせるのが理想です。

 そこで知りたいのは、どんな朝食を子どもに食べさせればより良いのかということ。『人気管理栄養士が教える 頭のいい子が育つ食事』(小山浩子著)によると、まずは脳のエネルギーとなるブドウ糖を含む、ごはんやパン(もし余裕があれば血糖値の急激な上昇を防いでくれる胚芽米や、雑穀パンにするとより良い)を食べさせること、さらに、脳細胞の働きを高めるのに不可欠な栄養素の産出量を増やしてくれる「DHA」を豊富に含む青背の魚、良質なタンパク質を多く含む、卵、鶏肉、牛乳などを使った食事が理想的とされています。牛乳に含まれるカルシウムは、骨や歯が成長するこの時期にとても重要な栄養素。神経や脳の活動をスムーズにする働きもあります。まずは、朝食を食べる習慣を身につけさせることから始めてみましょう。

青背の魚:脳をスムーズに動かすためのDHA が豊富。離乳食で取り入れる場合は1歳過ぎてからが目安。
卵:タンパク質が豊富。さまざまな調理法に対応し火が通るのも早いので朝の忙しい時に重宝します。
ほうれん草:成長期に不足しがちな鉄分を多く含みます。おひたしなどで食べるのがおすすめ。
鶏むね肉:もも肉に比べて脂質が少ない上、体に吸収されやすい上質なタンパク質が豊富。
牛乳:子どもの骨や歯ができるにあたり大切になるカルシウムの宝庫。

次の回は、子どもに食べることを好きになってもらうのに効果的な調理などのお手伝いをご紹介していきます。ぜひご期待ください。