Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE: 2018.05.24

MilK JAPON賞に輝いたブランドをご紹介!キッズ業界の合同展示会〈Playtime Tokyo〉

1年に2回開催されるキッズ・ベビー・マタニティアイテムの合同展示会〈プレイタイム東京〉。今年の2月末に開催された本展では、キッズにまつわるブランドが世界中から集まり、2018年秋冬の最新コレクションを披露しました。
〈プレイタイム東京〉のエントランス。背景は森映子さんによるトーストアートで彩られている。
招待アーティストが作り上げる、今季のスタイリングを盛り込んだ展示スペース。
MilK JAPONが〈Playtime Tokyo〉のためにセレクトした絵本も展示販売しました。こちらから。

MilK JAPONでは毎回編集部が選ぶ「MilKJAPON賞」として3賞(FASHION / DECO / EDITORS SPECIAL)を注目ブランドに贈っています。受賞したブランドには、“称えるかたち”をオリジナルで製作しているユニット〈WHYTROPHY〉によるスペシャルなトロフィーを贈呈。今回は、受賞ブランドをご紹介します。

2018年秋冬の「MilK JAPON賞」のトロフィー

ファッション部門 〈FISH & KIDS〉

雑誌「MilK JAPON No.35」(2017年9月売)でも特集された、スペイン発の注目ブランド〈FISH & KIDS〉。ブランドの一番のこだわりは“素材”だと話すデザイナーは、テキスタイルデザインの出身。自らの足で世界中を巡って、使用する布をセレクトしている。「料理が好きで、ブランド名にも“FISH”をつけたの。エプロンを連想させるパターンなど、子どもとお母さんが一緒に料理を楽しんでいる姿をイメージしてデザインしています。着る人が楽しい気持ちになってくれますように」。

FISH & KIDS

www.fishandkids.es

デコ・デザイン部門 〈BANWOOD〉

クラシックな雰囲気漂う、洗練されたデザインのペダルレストレーニングバイクは〈BANWOOD〉から。高いデザイン性はもちろん、安全面に配慮したフレームや、人間工学に基づいて設計された快適なシート、雨にも強いタフな素材など、機能・安全面も兼ね備えている。日本にはない独特な色使いも魅力のひとつ。日本での代理店を務める〈ザ トップランド〉の藤松さんによると「〈BANWOOD〉はバイク専門のブランドではありません。自転車に限らず子どもの遊びの軸に沿って、様々なプロダクトを今後も発表していくと思います。ぜひご期待ください」。

BANWOOD

banwood.com

エディターズチョイス部門 〈Pierrot La Lune〉

デンマークのブランド〈Pierrot La Lune〉は、デザイナー自身が母になったことを機に2013年に立ち上げたブランド。ナチュラルな風合いの色彩、優しいパターン、着心地のいい上質な素材など、洗練された中に漂う、どこか懐かしい雰囲気が魅力だ。インドで働いていた経験が今の服作りに生かされていると話すデザイナーは「現地の職人に制作の過程や技法を学び、自分たちなりに解釈することで、一層良質な服づくりを目指しています。現在のブランドのラインナップは女の子の服が多いのですが、今後は男の子も展開していきたいです」。

Pierrot La Lune

pierrotlalune.dk

 

日本のキッズシーンに広がっていくのが楽しみなブランドたち。今後もMilK JAPONは〈プレイタイム東京〉に注目していきます。

 

LATEST POST最新更新記事

クリスマスインスタレーション「MY DEAR CHUNKY」“触れる”クリスマスツリーが六本木ヒルズウェストウォーク2Fに登場!
水族館でお正月遊びを楽しむ「春遊び!ここはお江戸の水族館」すみだ水族館で開催
「子どものための建築と空間展」パナソニック 汐留ミュージアムで開催
【絵本プレゼント】Chara姉妹による共作絵本『LITTLE HEARTBEAT』刊行!記念展がビームス ジャパンのBギャラリーで開催
子どもたちに贈る〈トミー ヒルフィガー〉の新しいオケージョンウェア

子どもたちに贈る〈トミー ヒルフィガー〉の新しいオケージョンウェア

2018.12.14
リアルな動きや音に感動!体感系おもちゃ<br/>【デジタル系玩具編】

リアルな動きや音に感動!体感系おもちゃ
【デジタル系玩具編】

2018.11.16
silent beauty 〈アナ スイ・ミニ〉、ノーブルで軽やかなフェミニティ

silent beauty 〈アナ スイ・ミニ〉、ノーブルで軽やかなフェミニティ

2018.10.15