Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

東京都美術館
とうきょうとびじゅつかん

概要

すべての人に開かれた「アートへの入口」

東京・上野公園内にある東京都美術館は、1926(大正15)年、日本初の公立美術館として開館しました。国内外の名品を楽しめる特別展をはじめ、多彩な自主企画展や美術団体による公募展など年間を通して約280もの展覧会を開催する他、アート・コミュニケーション事業など、「アートへの入口」としてさまざまな事業を展開しています。日本モダニズム建築の巨匠・前川國男の設計による建物も見所の一つとなっています。

休室日の月曜日を特別に開室する「キッズデー」は、子ども専用日なのでリラックスしながら展覧会を楽しむことができます。また、子育て中のママやパパのお出かけをサポートする、託児サービス「 パパママデー」では、子どもを預けてゆっくり美術鑑賞することができます。

ワークショップの様子

昨年のキッズデーの様子 撮影:中島佑輔

編集部おすすめポイント

・「キッズデー」では、子どもたちが楽しめるプログラムが充実しています。高校3年生以下の子どもとその保護者が観覧料無料になります。

 

個室スペースのある授乳室では、ミルク用のお湯のサービスがあります。

 

・レストランやミュージアムショップのみの利用も可能です。

詳細情報

施設名 東京都美術館
エリア 東京
カテゴリ 美術館
この施設についているタグ
住所

〒110-0007
東京都台東区上野公園8-36

MAP

アクセス

JR 「上野駅」公園口より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線 「上野駅」7番出口より徒歩10分
京成電鉄京成線 「上野駅」より徒歩10分
※駐車場はございませんので、車でのご来館の際はご注意ください。

TEL

03-3823-6921

開館時間

9:30~17:30
※特別展開催中の金曜日:9:30~20:00
※いずれも入館は閉館時間の30分前まで

休館日

第1、第3月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
※特別展・企画展:月曜日休室(祝日・振替休日の場合は翌日) 整備休館、年末年始

料金

入館無料、観覧料は展覧会ごとに異なります。

子ども向けプログラム

パパママデー
事前予約制で託児サービスを利用できる「パパママデー」を定期的に開催。専門のスタッフがお子様を預かってくれるので安心して展覧会鑑賞ができます。
プログラム詳細

 

キッズデー
休室日に特別に開室する、子どものための特別な日「キッズデー」。高校3年生以下の子どもとその保護者は観覧料無料です。ワークショップや鑑賞ツアーも。
プログラム詳細

 

とびらボード
中学生以下の子どもには磁気式のお絵かきボード「とびらボード」の貸し出しがあります。気に入った作品をスケッチしながら鑑賞することができます。
プログラム詳細

公式サイト

東京都美術館 公式サイト

エリア:

カテゴリ:

フリーワード検索

LATEST POST 最新記事

〈チームラボ〉が手掛ける「チームラボ 高知城 光の祭」が今年も開催!
〈グーグル〉ハードウェアのデザイン哲学を表現するインスタレーション「COMMA」開催
〈ムーンスター〉の「Made in Japan」シリーズからキッズ&ベビーの2019秋冬新作登場!
第39回:tupera tupera 中川敦子より<br />小学校に入ると時間に余裕ができますか? という質問の答えはNO!