Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2019.01.17
子どもといぬ

誕生日目前のハハコロードトリップ・その3

10月26日
日付がかわる頃に実家に到着してそのまま就寝。
翌朝、もともとの予定では国立民族学博物館に行くつもりで午後に約束を入れていたのだけど、昨日一昨日とずいぶん長野を満喫したせいで息子もお疲れ気味に見えた。ので、民博の予定はキャンセル。

午後は出産のために帰国していたメルボルン在住のシンガーソングライターのYeYeことなつこさん、共通の友人(&YeYeのマネージャー)であるまなちゃんと万博公園でピクニック。

なつこさんとは、ライブを観せてもらったり、グッズを作らせてもらったりしながらも、顔を合わせるのは実質今回が初めて。ベビーカーを押しての登場でも十二分にオーラを放っていて、生粋のアーティストだなあ。

ちなみにわたしは産前産後の女性の姿を見るのが好きだ。そのときにしかないオーラを放っているとおもう。

赤ちゃん好きすぎる息子は、赤ちゃん充。

遊び道具を全く持ってきていなかったことに気づき、直前で百均にて調達したコンフェティ入りの大きな風船、ボール代わりに遊べるし可愛くていいかんじ。

力の加減を誤って割ってしまった息子。ボーゼンのちのションボリ。でも舞い散った様子もまた美しかった。ごみとなってしまったコンフェティを皆で拾う。「星を拾い集めるなんて素敵」となつこさんがぽつり。素敵なフォロー。

 

10月27日
義理の母と3人でランチ(猪名川のお気に入りのイタリアン!)、をする予定の日だったけれど、ついに息子ダウン。
普段大人より元気いっぱいだから、つい大人扱いで旅程を組んでしまったけれど、やっぱり大人とは違うわけで。
連れまわしてごめんね。

10月28日
こんなところでカミングアウト…実はわたし大学時代からバンドを組んでおりましてしかも20代~30代と十数年活動を続けていて。出産を機に休業状態だったのが、リーダーの思い付きでリスタートなのかなんなのか、この秋ライブに出演することになった。で、今回関西に帰ってきたわけでした。

おさるのジョージのなかでも消防署員のバンドのストーリーがお気に入りの息子は俄然やる気、自分もバンドに加わる気満々。(ジョージも最終的にはゲストミュージシャンとしてライブに参加していた)

翌日が誕生日ということでいかりのプリンアラモードで皆にお祝いしてもらいました。

(つきあってくれた皆ありがとう~)

 

スタジオ終了が午後2時、皆とバイバイしてそのまま高速道路に乗り込む。

 

実はこの後静岡に立ち寄って友人に会う予定だったのだけど(旅は予定を詰め込みまくるタイプ、笑)、直前に彼女が胃腸炎になりキャンセル。結果、大阪~東京一気にワンマン運転をすることになったのだけど、でもトータルで見たら体力的にもちょうど良かったのかもしれない。(でも会いたかった、ね。)

夕寝のちの息子。刈谷SAでごはんとお風呂(とおやつのあんまき)。このお風呂が後々聞いた気がする。刈谷のお風呂とご機嫌ミュージックのおかげで今回大阪東京間ワンマン運転乗り越えられた。

再び眠りについた息子を乗せて黙々と車を走らせていると、目の前に浮かぶまんまるお月さま。そうそう4年前この満月の波に乗りそびれたんだよな~(ビッグウェーブに乗りそうで乗りそびれたために陣痛は3日続いた)あの時眺めた少しずつ欠けていく月や陣痛の痛み、夫の様子、病室の風景を思い出しながら、少しだけ甘やかな気分でアクセルを踏み続けた。

LATEST POST 最新記事

そんなふう 57
参加無料!「親子で楽しむ!! キッズワークショップ in 明治大学」開催
〈ギャップキッズ〉&〈ベビーギャップ〉から心躍るパーティルックアイテムが新登場!
〈チームラボ〉が手掛ける「チームラボ 高知城 光の祭」が今年も開催!