Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2018.11.08
子どもといぬ

誕生日目前のハハコロードトリップ・その1

こんにちは、
ここでダイアリーを書かせてもらうようになって、1ヶ月とかそれ以上に1回とかの頻度でも、あっという間にその更新数は20を超えて、そして、息子は3回目のバースデーを迎えました(どうやら1年めはとくに記事にしていなかったみたい)。先週、4歳になりました。

 

今年の息子の誕生日、最初は家族でバースデーキャンプをするのも良いかななんてぼんやり考えていたのが秋の始め。が、うっかり誕生日前夜の週末に、わたしが関西に帰らないといけない予定を入れてしまっていたことに後から気づき、どうしたものかなあと考えた結果、息子とふたり旅をするに至りました。
場所も色々行きたいところはあったけれど、最終的に、これまで気になりながらも犬がNG(正確にはテラスのみOK)で機会を逃していた長野県伊那市の山小屋Mokki、今回ってチャンスだよねって、そこを経由しながら関西を目指すロードトリップを決行しました。

 

10月24日
少しだけ残していた仕事を片付けて10時に自宅を出発。高速道路に入ってすぐに眠ってしまった息子が目を覚ましたのが甲府の手前くらい、八ヶ岳SAでテラス席で山を眺めながら平茸の天ぷら付きのお蕎麦と信玄餅ソフトをいただき、14時ごろ伊那市入り。途中スーパー(地場の農作物も手にれることが出来た)で少しだけ食料を買って、そこから何度か細い山道を間違ってはバックして、15時前にMokkiへ到着。

臨月間近の奥さまが出迎えてくれて、太陽が低くなるまで母屋の庭でやぎに草をあげたり鴨を追いかけたりして楽しんだのち、私たちが宿泊する山小屋へ。

最低限の調味料と調理器具は揃っていると聞いていたので、夜はくしまけんじさんの本を見ながらトロフィエという手打ちパスタに挑戦した。

作ってみたらとっても簡単で、息子も粘土遊びのように楽しんでいた。そして簡単なのにとっても美味しかった(出来に満足したらしく「パパにも作ろうね」と言っていた息子)。夕方に母屋で摘ませてもらった平茸をたっぷり使ってパルメザンチーズで風味を付けたオイルパスタの出来上がり。

スーパーで「見た目はイマイチだけど味はイチオシ」と書かれた金星という銘柄のりんごも剥いて、ふたりともお腹いっぱい。

 

お風呂に入って絵本(誕生日目前の彼が選んだのは「たんじょうび」ハンス・フィッシャー作(こねこのぴっちの前作)偶然にもMokkiの母屋は、ヤギがいて鳥がいて犬と猫と、まるでリゼッテおばあさんのお家だった)を読んだら息子はあっという間に眠ってしまった。私もとても疲れていたけれど、明日の行程をスマホで調べていたら脳みそが興奮してしまって、日付を過ぎても何となく寝付けなかった。

LATEST POST 最新記事

〈100本のスプーン〉離乳食のレシピ本「食べることが好きになる離乳食」出版。MilK会員へプレゼントも!
〈TRUNK(HOTEL)〉ホリデーシーズンを彩るクリスマスケーキが初登場!
学びの秋に、子どもたちの感性を刺激する!「ナレッジキャピタル ワークショップフェス 2019秋」開催
〈KENZO〉が〈阪急うめだ本店〉で開催した、世界初となるキッズの体験型ポップアップストアをレポート!