Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2018.04.06
子どもといぬ

ハハコ南の島・中編

Day 2
朝起きてまずごめんねと息子に謝る。この日はごくごくのんびり過ごす。朝から、宿に一番近いビーチへ。

前日TARGETで見つけた可愛い砂場セットで遊ぶのを待ちわびていた息子(普段も砂場遊びは大好きです)、思う存分それらを堪能。白くてサラサラの砂は、普段の公園のそれとは手触りだけでなく使い心地もまったく違っています。

砂場セット、こういった砂のお城が作れます、旗もついていて可愛い。旗とバケツ、ピンクの部分は実はシルバーのラメが散りばめられていて、息子はともかくハハのツボは押さえれまくりです←ただ、サイズがアメリカン

 

海の砂遊びはまた別格ですね。
本当に、のんびり、のんびり。

 

アラモアナのフードランドをぐるっと堪能して、果物やホットバーのお弁当やスープを買い込んで、ホテルのベランダでゆっくり食事を取る。病み上がり&慎重派の息子はいまだ果物以外は食べず(ロンドンでも持って言った粉末のお味噌汁とごはん以外はほとんど果物しか食べなかった笑)

(また、mochi!)

Day 3
金曜日、息子が楽しみにしていた動物園へ!が、向かう道中に私が寄り道をしすぎて(まあ早く起きすぎて動物園がまだ開いていなかったのも理由にあったんだけど)息子不機嫌に、道で喧嘩。

でもレインボードライブインのチリボウル、果物以外でようやく息子も美味しい美味しいと食べてくれる。

 

11年前に孔雀がすぐそばを歩いて感動したホノルル動物園へいざ再訪。

(気づくと私のカメラの中はおじいちゃんを隠し撮りしたものがたくさん)

でも子どもって「ほら、あんなに近くに綺麗な鳥がいるよ、ほらキリンがこんなに大きいよ!」って言っても、フーンというかんじ。先入観とは?とか考えさせられる…

ノースショアで人気のTed’s Bakeryのタルトは前日のフードランドにて、息子お昼寝タイムの間に。子をお昼間にホテルで休ませるタイミングが掴めてくる。

 

Day 4

土曜日。1月からのハハコ暮らしで私の仕事をより身近に感じるようになったからか、急に絵を描くことに興味を持つようになった息子に、文房具の問屋に行くことを提案する。
老舗問屋のFISHER HAWAIIは11年前も倉庫街のそこにあったけれど、11年ぶりに訪れると再開発でちょっとしたおしゃれスポットになっていた。道にはウォールアートがあちこちあって、絵を描きたい欲を一気に刺激されたらしい息子。問屋を一通り見て回りたい私とまた店内でひと、ふた悶着経て、すぐそばの公園へ。

買い込んだクレヨンやらシールやらスタンプやらを広げて、嬉しそうに絵を描く。広い空の下、木陰のベンチでその行為は最高に気持ちよく、時間が許せばずっとそうしていたかった…(お昼が近くなってお腹が空いてしまったのがすごく残念)

タイミングよく近くでファーマーズマーケットが開かれていたので、食料調達、キッシュにスモークドフムス。
このカカアコエリアは気の利いたお店もたくさんあったので、コーヒーをテイクアウトするもよし、子連れでのんびり過ごすに良いエリアだと思いました。

(またお昼寝)

起きたらバスで、古き良き時代をそのまま残したWailana Coffee Houseへ、夕食。

息子、サイミンの粉っぽいお汁を「このお汁はさいこうのお汁だ」と飲み干しそうな勢いでスプーンに掬って何度も何度も飲んでいたのが面白かった。

DATE 2018.04.06

RECOMMEND あわせて読みたい編集部おすすめ記事

LATEST POST最新更新記事

「それを超えて美に参与する 福原信三の美学 Shinzo Fukuhara / ASSEMBLE, THE EUGENE Studio」銀座・資生堂ギャラリーで開催
「CREATION Project 2018 クリエイターと福島の窯元がつくる『大相馬焼167のちいさな豆皿』」2会場で開催
〈DEMYLEE〉×〈CWPE〉カプセルコレクションを発表! 二子玉川店限定で鉛筆柄のニットや別注ペンシルを販売
51〈BONTON〉のスクールスタイル
家族で楽しく!思考力や想像力を養うおもちゃ<br/>【知育系玩具編】

家族で楽しく!思考力や想像力を養うおもちゃ
【知育系玩具編】

2018.11.12
お花連載がカレンダーに!2019年〈MilK JAPON〉カレンダーの受注発売がスタート
milkjapon

お花連載がカレンダーに!2019年〈MilK JAPON〉カレンダーの受注発売がスタート

2018.11.12
silent beauty 〈アナ スイ・ミニ〉、ノーブルで軽やかなフェミニティ

silent beauty 〈アナ スイ・ミニ〉、ノーブルで軽やかなフェミニティ

2018.10.15