Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2017.08.24
パリの12ヶ月

paris plage / パリの海岸

8月-2
今年で何年目でしょうか?
革命記念日を過ぎると始まるパリプラージュ。
セーヌ川沿いの道路を海岸にしてしまおう!という楽しい夏の企画です。
残り10日ですがごしょうかいします。

 

去年のパリプラージュを機にそのまま車が侵入禁止になり、1年中歩行者天国になりました。
この1年をかけて、仮設トイレだけではなくトイレを作り、子どもの遊具を作り、整備は着々と進んでいきました。

 

さて、今年はどんな風になったかというと。

霧が吹き出るウッドデッキは健在。
しかし、去年までは砂浜に仕立てていたシェーズロングのスペースはウッドデッキになってしまい、これはかなりのブーイング。
ここに砂があるのとないのとでは、子連れは全く過ごし方が変わってしまう。
子どもは1日中砂遊びをしながら大人は日光浴。
というような本当に海岸にいるような過ごし方ができたのに、30分ぐらいで子どもたちは飽きてしまいました。

 

ちょっと残念。

でも、外で食べると美味しい!の法則は消えてません。

 

ここで、フランス人的ランチのご紹介。
ハム、パテ、ピクルス、サラダ、オニオン、家にあるサンドイッチになりそうなものを持って出かけます。
準備も簡単!
途中、行きつけのパンやさんでバゲットを買って、スーパーでは飲み物のとチップスを買って、目的地へ!
現地で好きなものを挟んで食べます。

 

食事の時にチップスなんて、食事しなくなっちゃうじゃない!ってパリに来た頃思っていましたが、これぞまさにフランス風。
チップスもつまみ、サンドイッチも食べ、たまにパンにチップス挟んでみたり、自由にピクニックを楽しみます。

 

パリプラージュは学校の新学年が始まる9月3日まで。

 

<2歳児語録>
カンパーニュでのバカンスの想い出を語る2歳児。
「ブランコロンに乗ったよねー、タカキと一緒にこうやってブランコロン」と身振り手振りでゆれる。
確かにお庭に手作りのブランコがあった。

DATE 2017.08.24

LATEST POST最新更新記事

「植物生活 flower pop up store 春色花屋 Color of 3 K×P×M」吉祥寺PARCOに花のギフトが集合
「氷になる直前の、氷点下の水は、蝶になる直前の、さなぎの中は、詩になる直前の、横浜美術館は。―― 最果タヒ 詩の展示」開催
STARRY NIGHT JAM vol.33「坂本美雨+haruka nakamuraスペシャルライブ」福岡市科学館で開催
「博物館に初もうで」東京国立博物館で正月企画を実施中!
02 FIND THE MOMENT</br>〈ジンズ〉のアイウェアが彩る、子どもたちの世界

02 FIND THE MOMENT
〈ジンズ〉のアイウェアが彩る、子どもたちの世界

2018.12.28
子どもたちに贈る〈トミー ヒルフィガー〉の新しいオケージョンウェア

子どもたちに贈る〈トミー ヒルフィガー〉の新しいオケージョンウェア

2018.12.14