Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2017.06.14
丁寧な暮らし

娘との時間の中で

パパが、やんちゃで私一人ではいつも手に負えない2歳児の長男を外に連れて行ってくれると言うので、久しぶりに6歳の娘と一緒に過ごしました。何がやりたい?と聞くと、「カップケーキが作りたい!」と。

 

二人で、計量して、チョコレートスポンジを作り、一緒にガスコンロの前に立って、シロップを作り、泡立て器でイタリアンメレンゲを作る。

どのステップも一生懸命に、見て見て〜!と溢れんばかりの笑顔で夢中になって話しかける彼女を見ていたら、ふと、日々、ヘロヘロになりながら、走り回る息子の後を追いかけてばかりいて、娘とじっくり対話したり、ちゃんと心から向き合えて無いのではないかと。

 

時間がないから、忙しいから、仕事してるから、と、この言葉を何度娘に投げかけたのだろう。。

 

日々、子育てで追われていると、果てしなく、終わりが見えない感たっぷりで、私自身もいっぱいいっぱいになってしまう。けれども、子どもが子どもでいられる時間なんて長い人生の中でほんの僅かであり、一瞬なのだと、改めて気づかされたのです。もっともっとこの子とちゃんと向き合わないと、絶対に後悔するのだと。

 

何を優先するか、何を一番大切にしたいか、それは人それぞれ。でも私は、やはり子ども達や家族との、この貴重で、二度とおとずれないであろう今、この瞬間を思いっきり楽しもうと思う。

DATE 2017.06.14

LATEST POST最新更新記事

「KIDSTONE STUDY LABO<アート&プログラミング> Produced by STEVE NAKAMURA」幼児向けプログラミングイベントが六本木で開催
“正しい親”じゃなくてもいいじゃない!――― よしいちひろ×高原たま×松元絵里子による 「夢みるころを過ぎても」全12回・制作秘話!
「色を纏う花展」表参道ROCKETで開催!新進気鋭のフローリストが集結、ワークショップも
「『ソフィ カル―限局性激痛』 原美術館コレクションより」原美術館で開催
02 FIND THE MOMENT</br>〈ジンズ〉のアイウェアが彩る、子どもたちの世界

02 FIND THE MOMENT
〈ジンズ〉のアイウェアが彩る、子どもたちの世界

2018.12.28
子どもたちに贈る〈トミー ヒルフィガー〉の新しいオケージョンウェア

子どもたちに贈る〈トミー ヒルフィガー〉の新しいオケージョンウェア

2018.12.14