遊びは自分の手でつくる。未来のクリエイター「YCAMキッズ」とは?

さまざまなメディアテクノロジーをツールに、未来志向の教育プログラムを提案する山口情報芸術センター〈YCAM(ワイカム)〉。ここには、「YCAMキッズ」と呼ばれる個性豊かな子どもたちが毎日集まってきます。常にテクノロジーと触れられる環境にいる彼らにとって、YCAMは最高の遊び場であり、彼らのクリエーションを育む創作スタジオ。創造性に溢れるYCAMキッズの実態から、創造性を育むヒントが見えてきました。
© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM] Photo by Daichi Yamaoka

ここは「美術館」にあらず。未知と出会えるアートセンター

YCAMには、世界有数のメディアアート拠点であるアートセンターの顔と、地域の子どもたちに開かれた「実験と創造の場」という2つの顔が存在します。

 

© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM] Photo by Atsushi Tanabe

多くのひとにとって、いわゆるアートセンター(美術館)といえば、入館料を払って、何らかの企画展を“鑑賞”する場所というイメージが強いでしょう。しかし、展示は基本的に入場無料、併設の図書館や公園というパブリックスペースのすぐ隣にあるYCAMは、子どもたちにとって家や公園の延長のようなもの。また、大きな図書館があることで、お年寄りから中高生、子連れのお母さんなど、毎日非常に幅広い年齢層の利用があります。作品の鑑賞ツアーを行えば、おじいちゃんと子どもが隣り合わせで作品について議論することもあるそうです。

© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]

地域にひらかれたオープンな場所で、世界的なアーティストが滞在制作を行っていたり、超先端的なアートイベントが開催されていたりするのがYCAM。それは、地域の人々にとって日常の中にアートが介入し、たくさんの刺激を受ける「未知との出会い」の機会にあふれていることを意味します。

 

それと同時に、先日の記事「みんなのアイデアで成長する遊び場、コロガル公園」でもご紹介した通り、独自のエデュケーションプログラムが充実していることも特徴。そこでは、YCAM InterLabのスタッフたちが現代のテクノロジーを駆使して、子どもたちに「未来のあたりまえ」を届けるさまざまなメディア環境を開発しています。
先述した「コロガル公園」の開催時には、近年からスタートしたリサーチプログラム「バイオリサーチ・ラボ」が展開されるなど、館内ではまったくタイプの異なるイベントが同時多発的に起こることもしばしば。そこで目にする「作品」は、お行儀良く静かに鑑賞するものでも、お勉強の一環でもなく、自ら積極的にさわり、遊び、誰かと共有していくものがほとんどなのです。

© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM] Photo by Naoyuki Obayashi (101 Design)
© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM] Photo by Rumi Tanabe

そんな環境が間近にある子どもたちにとって、YCAMは創造性を爆発させる格好の場所なのだと、YCAMエデュケーターの菅沼聖さんは語ります。

 

「いまの学校教育は、クリエイティブな素質のある子どもたちにとっては少し窮屈なんだと思います。その分、このYCAMは教育のサードプレイスとして、子どもたちがやりたいことに没頭でき、活動が認められる場所になっているんです。驚いたのは、時おり子どもたちからワークショップや遊びの装置を新たにつくる『企画書』が届くこと(笑)。YCAMなら何かできる!という期待から、自分たちのやりたいことを提言してくれるんです。もちろん全てに応えることはできませんが、彼らの好奇心に触れるたびに、背筋が伸びる思いです」。

© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]
© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]
2017.05.13(土) - 2017.05.13(土)
2017年5月13日(土)

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017