山口県発、メディアリテラシー教育拠点〈YCAM〉がつくる「未来の当たり前」を、いま考える

さまざまなメディア・テクノロジーをツールに、未来志向の教育プログラムを提案する山口情報芸術センター〈YCAM(ワイカム)〉。子どもたちが自ら遊び、学び、考えるための環境をつくりだす〈YCAM〉の教育とは?
© Yamaguchi Center for Arts and Media〈YCAM〉

テクノロジーがあらゆる進化を遂げるいま、これからの社会を生きる子どもたちの環境は、私たちが想像する以上にずっと、さまざまなメディアと付き合うようになっていくでしょう。そのとき、私たちは彼らに何を伝えていけばいいのでしょうか?

世界各地でテクノロジー教育が始まる昨今、日本で最先端のメディアリテラシー教育をリードする拠点が山口県山口市にあります。その名は、山口情報芸術センター〈YCAM〉。2003年の開館以来、「社会」「身体」「メディア・テクノロジー」をテーマに、新たな芸術表現を生み出すハブとして、実験的な創作環境を提案してきたアートセンターです。

© Yamaguchi Center for Arts and Media 〈YCAM〉Photo by Shintaro Yamanaka (Qsyum!)

山口市の観光地・湯田温泉の宿場町から歩くこと数分、芝生が広がる開放的な公園の中に、ゆるやかな曲線を描いた横長の大きな建物が見えてきます。山口市立中央図書館(通称「市図書」)と隣接するここ〈YCAM〉では、国内外のアーティストを招いて作品制作を行ったり、数々の公演やエキシビションを開催したりすると同時に、未来志向な地域のエデュケーションプログラムを構築してきました。

「いま到来した技術や商品が目新しいものだったとしても、数年後にはそれが当たり前になる。そんな時代を生きる子どもたちが自ら主体的に遊び、学び、考えるための、『未来の当たり前』の環境をつくる。それが、YCAMの目指す教育方針です」

そう語ってくれたのは、〈YCAM〉エデュケーターの菅沼聖(すがぬま・きよし)さん。自身もメディアアートを学んだ後に〈YCAM〉に就職、以来8年以上ものあいだ、エデュケーターとして地元の子どもたちとふれ合ってきました。

「〈YCAM〉では、子どもを決して子ども扱いしていません。なぜならメディア・テクノロジーは常に進化していますから、新しいものを前にしたときは大人も子どももみんな無知なんです。そこに境界はないからこそ、大人も子どもも、みんなで知恵を絞りながら、これからの社会をサバイブしていく方法を編み出していきたいと思っています」

© Yamaguchi Center for Arts and Media〈YCAM〉
〈YCAM〉ワークショップ「ケータイ・スパイ・大作戦」 携帯電話のカメラ機能を用いた鬼ごっこ。子どもたちは自らルールを提案し、どんどんとゲームをつくりかえていく。

いつの間にか携帯がスマホに取って代わったように、私たちを取りまくメディアは常に変化しています。そうした状況下で、テクノロジーを子どもに教えるということは、何もプログラミングや機械工学のノウハウを教えることに留まりません。一方で、自分の子どもにiPhoneを渡したら、驚くスピードで操作を覚えて遊ぶようになったという経験を持つ親御さんも多いことでしょう。子どもは自分たちの置かれた環境に瞬時に呼応し、自ら「遊び」を発見していきます。

「学びは、体験することから始まります。ただ知識を教えるのではなく、子どもたち自身が、それぞれの頭と体で体験しながら、自ら実験を重ねていく。そのプロセスの中で、『考える』という行為こそが重要だと思うんです」

〈YCAM〉には、アートセンターとしての機能のほかに、アート、テクノロジーに卓越した人材を集めた内部の研究開発チーム「YCAM InterLab」があります。菅沼さんもこのラボの研究員のひとり。こうしたメディア・テクノロジーのスペシャリストたちが結集して、子どもたちが思う存分に「体験」できる環境をつくっていく。それが〈YCAM〉最大の強みでもあります。

体験が学びに変わり、「考える人」を生み出していく。そんな〈YCAM〉では、実際にどんなことが行われ、どんな子どもたちが生まれているのでしょうか?
この連載シリーズでは、今後2回にわたって〈YCAM〉の教育実践を紹介していきます。

2017.05.13(土) - 2017.05.13(土)
2017年5月13日(土)

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017