Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2017.12.20

01 おいしいってなんだろう?
子どもの豊かな暮らしのための「食育」

最近「おいしかった!」と感じた食べものは何ですか?人はどんなものを「おいしい」と感じるのでしょう。子どもの豊かな食生活のために、味覚について学ぶコラムシリーズ。全2回にわたりお届けします。五感をフルに使って、親子で食べものを深く味わってみましょう。

味覚のしくみ

 ケーキを食べて「甘い」と感じたり、グレープフルーツを食べて「酸っぱい」と感じたり……。同じく「おいしい」「好きな味」と思っているものでも、人はさまざまな味覚を感じます。

 鏡の前で舌を出してみると、舌にぶつぶつとしたものが見えませんか? このぶつぶつがさまざまな味覚をキャッチする味蕾(みらい)と呼ばれる感覚器官です。口の中に入った食べものは唾液で溶かされ、味蕾の受容体でとらえられます。その情報が脳に送られ「甘い」「酸っぱい」などと感じるようになるのです。

味蕾でキャッチできる味覚の種類は、「甘み」「うま味」「塩味」「酸味」「苦み」の5種類です。この5種類は、人間の体を維持するために一役買っていることをご存知ですか? 例えば、エネルギー源となるブドウ糖などが含まれる甘みや、アミノ酸が含まれるうま味、ミネラルが含まれる塩味を本能的に摂取しようとする一方、腐敗や毒物を連想させる酸味、苦みは本能的に避けるようにできています。生きていくうえで必要な栄養素とそうでないものを味覚を使って取捨選択しているのです。

「うちの子、ごはんや肉は食べるのに、ピーマンは食べてくれない」などと、子どもの好き嫌いで悩むママは多いと思いますが、この好き嫌いは人間にとってあたり前のこと。なので、あまり気にしすぎないでくださいね。

 何を「おいしい」と感じるかは、この生物学的な嗜好のほかに、生まれ持った性格、経験などさまざまな要素が複雑に関係し合っています。特に子どもは初めて見る食べものに恐怖感を感じて、嫌いになってしまうということがあります。食わず嫌いと言われるものです。いくらママが「これは栄養があるから食べて」「おいしいよ」とすすめても、口にしたことがないものは好きになれないのです。子どもは好き嫌いがあるものと、どんとかまえて見守ってあげることも大切です。

味蕾(みらい)
舌の表面にある味蕾。生まれたばかりの赤ちゃんの下には1万個もあるとされている。成長とともに数が減り、大人になると約7000個に