傘をさしてお出かけしたくなる絵本。

気になるテーマの絵本を3冊セレクトしてお届けする絵本ガイド。今回のテーマは「傘をさしてお出かけしたくなる絵本」。傘をさして、レインコートを着て、長靴を履いて……雨の日に出かけるのが楽しみになる絵本をご紹介します。
『雨、あめ』 作/ピーター・スピア 評論社 本体1400円(税別)

これがきっと、雨の一日の 正しい過ごし方!『雨、あめ』。

「雨が降ってきたから今日は一日、家の中で遊ぼうね」。ふつうのお母さんならそう言うかもしれません。でも、この絵本では、子どもたちはレインコートに長靴、そして大きな雨傘をお母さんにもたせてもらい、雨の街へと探検に。雨どいから落ちる水で遊び、水たまりをジャブジャブ、雨の公園を走ります。言葉のない絵本ですが、その絵は雄弁です。雨や風の音や匂い、子どもたちの声まで聴こえてきそう。雨でたっぷり遊んだらお家へ帰って、お風呂とごはん。その時間も格別です。そして、雨があがった朝。いきいきと光に満ちた庭の美しいこと! 雨がもたらす自然の恵みの尊さも教えてくれるようです。

『あかい かさ』 作/ロバート・ブライト 訳/清水真砂子 ほるぷ出版 本体800円(税別)

みんなで雨宿りすると楽しいね、『あかい かさ』。

とてもシンプルな物語。「あかいかさ」を持っている女の子。空が暗くなり、雨がふってきます。すると、女の子のところに傘に入れてと動物たちがやってきます。最初は、こいぬが1匹。さらにこねこが2匹……。次々、動物たちが集まってきて、最後には大きな熊さんも! 傘がどんどん大きくなって、みんなで雨宿りしている様子が素敵です。雨が上がれば、みんな自分のお家へ。女の子も家へと帰ります。最後に、「やっぱり かさ もってって よかった。」と家族の傘立てに、自分の大事な赤い傘をしまう女の子の姿が 印象的。こんな素敵な傘がほしくなる1冊。

『あめふりうさぎ』 文・絵/せなけいこ 新日本出版社 本体1200円(税別)

せなけいこのかわいい雨の絵本、『あめふりうさぎ』。

『ねないこだれだ』など人気の絵本作家せなけいこさんのちょっと変わった「雨」の絵本。「おおあめのひ」に生まれた、うさぎさん。うさぎさんが泣くと「ザァーッ」と雨が降り出します。公園で遊んでいても、お母さんがおつかいに行っている間も、泣くと雨! これには、お友だちもお母さんも困った様子。 遠足の前の日、熱をだしちゃったうさぎさん。お友だちが「あした ないちゃだめだぞ!」と言いにきて……。黄色い傘をさした表紙のうさぎさんにはじまり、せなさんの貼り絵による素朴なタッチがたまりません。うさぎさんのお洋服の黄色い傘柄や傘をさしたお花など、細かいところも気になります。

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #35
AUTUMN-WINTER 2017