お悩み01:犬を飼いたいけれど、いつかお別れすることを考えるとさびしすぎる。 飼うべきか飼わないべきか。

とっても自由な子Ricoさん小学二年生が人生相談にお答えします!

はじめての今回、人生相談にお答えいただくおこさまはRicoさん(7歳)です。
夏休みのただなか(取材時)のRicoさんは、宿題はまあまあ終わっている小学校二年生。もうすぐのバレエの発表会では「キャンディボンボン」を踊る予定だそう。
パパがデザインの仕事をしているので絵も得意です。

おこさま紹介

お名前: Ricoさん
年齢: 7歳
生まれた場所: 東京
住んでいる場所: 東京
好きな食べ物: チーズ
嫌いな食べ物: パプリカ
これまでの人生で楽しかったこと: 那須にいってサファリパークへいった
これまでの人生で哀しかったこと: 横浜で10回以上吐いた
得意なこと: へん顔
苦手なこと: 教科だったら国語
好きなこと: みんなを笑わせること
将来の夢: お医者さんとバレリーナ

おこさまをよく知る人からのご紹介のことば:
自由人です。とっても自由な子で、いっしょにいるととても楽しいです。
(母より)

Ricoさんが描いてくれた、小さいモズが降りたっているところ。鳥には詳しいです。

(Ricoさん、以下R)

さて、今回のおとなのお悩みは?

Q 犬を飼いたいけれど、いつかお別れすることを考えるとさびしすぎる。 飼うべきか飼わないべきか。
トトロさん 31歳 東京在住

R 飼う!

── Ricoさん即答ですね!

R ……いつかお別れするってどういうこと?

── いつかその犬が死んじゃうってことですね。それがさびしいってトトロさんは心配しています。

R 飼ったほうがいいでしょ。

── そうなんですか。

R だってさ、いつか死んじゃうっていっても、いつかだから。死ぬまで飼えばいい。

── なるほど。

R だって思ってるだけでさ、死んじゃうときってすぐじゃないから。

犬飼うとき、飼ってるときは、まだ死んでないんだから。

── そうですよね。一緒にいるときはまだ死んでない。

R そう。

── たしかに、わたしたちもやっぱりみんないつか死んじゃうはずなのに、それだからって何かをやめること、あんまりないですよね。誰かと一緒に暮らしたり、新しいことはじめたりもしますもんね。
深い答えですね。

R なに?もっとこどもみたいにいうと思った?

Ricoさんによる処方箋画

トトロさん、いかがでしたか?
犬は飼ったほうがいいそうです。保健所や動物愛護センターでも犬がトトロさんを待っているかもしれないですね。

というわけで、今回の、おこさまからの箴言。

プリントして壁に貼っていただけるようになっています。 PDFダウンロードはこちら

それではまた来月!

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017