22『だれも知らない小さな国』『だれもが知ってる小さな国』サンドイッチは時代を超えて

子どもと一緒に読んで作って食べたい「おいしいおはなし」。今回は平成の作家が受け継いだ昭和の物語をご紹介。

時代も作者も超えて受け継がれたサンドイッチ

この本を読んだことのある人はきっと、その存在を知らせるサインが自分の周りのどこかにもないだろうかと、注意深く探したことがあるのではないでしょうか。小さな国の小さな住人が、自分を仲間だと認めて、その姿を表してくれるんじゃないか、と。

『だれも知らない小さな国』の主人公は、子どもの頃に初めてその小さな姿を目にします。そしてずっと、自分の周りにその存在を感じ、彼らはコロボックルではないかと思いながら大人になります。いよいよ彼らと対面して仲間になると、主人公のセイタカサン(コロボックルたちがつけたあだ名)が子どもの頃から大事に温めていた夢の計画が動き出します。コロボックルと一緒に彼らの住む山を守っていくことになるのです

おはなしが進み、コロボックルたちが頻繁に登場してくるようになると、読んでいる人の目にもコロボックルの声が聞こえ、姿が見えてくるようになります。

すべてカタカナになっているコロボックルのおしゃべりは、読む人の耳に、コロボックルの声や話し方を教えてくれます。村上勉さんの挿絵の力にも助けられ、雨の日にはみのむしの袋のレインコートを着たり、変装のためにアマカエルの皮を着たりするコロボックルたちの姿も、目の前にくっきりと現れます。アマガエルやみのむしを見ると「もしかしたらあの緑のカエルは、彼らなのではないかしら? じっと見ていたら二本足で立って『ヤア』と挨拶してくれるんじゃないかしら?」と思えてしまうほど、このおはなしを通してコロボックルの存在を(たとえその姿が見えなくても、何のサインも見つけられなくても、いつも近くに感じていたような気がします。

そんな思い出に浸りながら改めて新しい版(第49版)手に取って見たらなんと、最新の続編が2015年に出ているというではありませんか! それは『だれも知らない小さな国』著者の佐藤さとるさんによるものではなく、『図書館戦争』シリーズや『空飛ぶ広報室』などで知られる小説家、有川浩さんによる『だれもが知ってる小さな国』。子どもの頃に読んだ大事な物語の続きが、今また新しい書き手によって描かれるなんて! そのワクワクは、このコロボックル物語を生み出した佐藤さとるさんも同じだったようで、あとがきにはこうあります。

***

 こういう形で物語を継承してくれる、という例は、あまり知りません。小生としては大変名誉なことと考えています。すごい人を見つけてよかったな、というのは、コロボックルたちのことばです。佐藤さとるが替わりに言っておきます。(『だれでも知ってる小さな国』P.287)

***

もし『だれも知らない小さな国』を読んで育ったのなら、この新しい物語を読み終えると、コロボックル達がまた自分の元に戻ってきてくれたような、そんなあたたかいうれしい気持ちに包まれるはず。何よりうれしかったのは、昭和のコロボックル物語に登場したフレーズや場面が、平成のコロボックル物語にも登場していること(もちろんコロボックルたちのおしゃべりはカタカナです)。そのひとつが、サンドイッチです。

時代を超え、別の作者によって描かれたふたつの物語に登場するサンドイッチ。大切な場面に登場する食べ物です。最近はサンドイッチにもいろんなスタイルや具材がありますが、今回は昭和のコロボックル物語でもこれだったんじゃないかな、という今も昔も変わらない定番の味をつくりました。

それにしても、早く新しいコロボックル物語の続きが読みたいものです。とりあえず、サンドイッチをつまみながら、佐藤さとるさんのシリーズを読み直してみることにしましょうか。

『だれも知らない小さな国』佐藤さとる著『だれでも知ってる小さな国』有川浩著(ともに講談社)「二十年近い前のことだから……」と語り始められるふたつの物語。昭和34年に初版が発行された『だれも知らない小さな国』は、佐藤さとるさんによる、コロボックルと人間の交流を描いたロングセラーの物語。全5巻と短編集の全6冊のこの物語の続編が、平成27年に有川浩さんの手によって紡がれ、新しいコロボックル物語シリーズが誕生しました。どちらの作品にも、描かれている豊かな自然の様子が鮮やかに目に浮かび、一度読むとそこに生きるコロボックルたちの姿が忘れられません。賢くて勇敢な彼らと人間とが絆を結び、コロボックルたちの暮らしを守っていくための奮闘が描かれます。

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017