Lifestyle magazine
for modern family
DATE 2017.05.18

47都道府県の子どもたちへのものづくり [近畿エリア]

東京・渋谷ヒカリエ8Fにあるd47 MUSEUMでは、4月6日〜6月11日まで〈47こども道具展〉を開催。子どもたち自身が使う器、おもちゃ、衣服、家具などを47都道府県から集め、展示・販売しています。今回はD&DEPARTMENTが選び抜いた「子どもたちのための道具」をエリアごとにご紹介します。
代表のナガオカケンメイさんに本展について伺ったインタビュー

030. 和歌山 「育児工房」

0~1歳/グレコなど/3,888円/育児工房

吊り編み機でつくられる、第二の肌となるベビー服

大正時代には全国一の天竺産地として発展した和歌山地域。当時の機械を使いながらゆっくり時間をかけて生産される「吊天竺」を使った「育児工房」のベビーアイテム。昔ながらの製法で実現される製品は赤ちゃんの体温調節を助け自由に動き回る赤ちゃんの体にやさしくフィットする伸縮性を持った、気持ちの良い製品を実現。

 

次回は [中国・四国エリア]をご紹介します。