01 井伊百合子さん(スタイリスト)の受け継ぎたいもの

受け継いだもの、受け継ぎたいもの。特別な想いとストーリーが込められたものにまつわるインタビュー。今回は、スタイリストの井伊百合子さんが息子さんに受け継ぎたい時計のお話。
 この時計は、30歳の誕生日に夫から贈られたもの。おそらく70年代に作られたもので、〈IWC〉のロゴが“International Watch Co.”と筆記体で入っています。メンズサイズですが、フェイスが今のものよりもひと回りほど小さくて、私の手にも大きすぎず馴染み、Tシャツにデニムというようなボーイッシュな装いには勿論、フェミニンなワンピースにも不思議としっくりくるのです。どんなシーンや装いにも自然に寄り添ってくれるので、仕事のスタイリングにも時々登場していますし、いくつか持っている時計の中でも一緒に過ごす時間が特に長いように思います。
 息子が生まれたときに、漠然と、私が死んだらこの時計はこの子のものになるのだなあと思ったことがありました。この時計の普遍的な佇まいに、装いの好みを問わず身に着けてもらえるのではないか、そう感じたのを覚えています。
 近頃ではスマートフォンを時計代わりにしている人が増えていますが、腕時計で時間を確かめるという仕草は色気があるなあと思います。時計と共にそういった仕草や、思いも一緒に受け継いでもらえると嬉しいです。

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017