Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2018.03.01

MARCH / モクレン

花に触れるほど、暮らしは豊かになる。〈The Little Shop of Flowers〉代表であり、自身も母である壱岐ゆかりさんが、季節の花を選び、暮らしに寄り添うカタチを提案。ルールに縛られず、肩の力をすっと抜いて。花をもっと身近に楽しみましょう。

愛らしく、品の良い花と
春の訪れを一緒に待ち望む。

「3月は『モクレン』にしましょう。お店の庭先に木があって毎年とても綺麗に咲いてくれるの」。そう言ってイキさんが見せてくれたのは、真っ白なモクレン。「 今回生けるのは『ハクモクレン』。じわじわと蕾が膨らんで、先日やっと咲いてくれたんです」。ぷっくりとしたフォルムと、優しいオフホワイトの花片が愛らしく清楚な印象。「春の訪れを一緒に待ち望むように成長するハクモクレン。可憐ながらもかっこいい咲きっぷりは、春の到来を知らせ、嬉しい気持ちにさせてくれます。生ける時はあまり短く切らず、広がりのある枝なりを活かすといいですね。器はシンプルなガラスや白の花器が好相性。その下に好みの布を敷けば、視界に入ってくる景色ががらりと変わり、気分も一層華やぎますよ」。庭先に目を向けると、空を仰ぐように蕾を付けたモクレンが。春はもう、すぐそこに。

モクレン – MAGNOLIA
日本全国で栽培される樹木。海外でも人気が高く、欧米では街路樹や庭木にも利用される。英名のマグノリアは、フランスの植物学教授ピエール・マニョルの名前にちなむ。1月から3月頃にかけて、ゆっくりと花を咲かせる。花は必ず上向きに咲き、暗くなると閉じる。ピンクのシモクレンは、黒や青などのコントラストの強い花器を合わせるのがオススメ。