Lifestyle magazine
for modern family
DATE 2017.09.26

潜入レポート!『ぼくとわたしとみんなの tupera tupera 絵本の世界展』。MilK JAPON会員へ招待券のプレゼントも。

人気作家の亀山達矢さんと中川敦子さんによるユニット〈tupera tupera〉。初めての大規模な展覧会『ぼくとわたしとみんなの tupera tupera 絵本の世界展』が11月5日(日)まで横須賀美術館で開催されています。今回は実際に会場へと足を運び、展覧会の魅力を一足早くお届けします!

9月9日よりスタートした『ぼくとわたしとみんなの tupera tupera 絵本の世界展』。開催初日には、オープニングイベントとして美しい芝生と青い海が広がる横須賀美術館「海の広場」で〈tupera tupera〉と〈ビューティフルハミングバード〉による絵本ライブが行われました。たくさんの家族連れが集まり大盛り上がり!華々しく幕開けです。

展示会場の入り口には『しろくまのパンツ』に登場する巨大なしろくまがお出迎え!子どもも夢中になる絶好のフォトスポットです。最初の展示エリア「初期の絵本」では、話題となった初作『木がずらり』『魚がすいすい』や、表現の仕方に試行錯誤した『しましまじま』、〈tupera tupera〉の代表作ともいえる『かおノート』など、誰もが一度は目にしたことのある絵本の原画がずらりと並び、圧巻です。

もともと手を動かすことが好きだったという〈tupera tupera〉は、工作をテーマに多くの作品を手がけています。紙を切って貼り、様々な色と形で彩られる作品は、高いデザイン性を持ちながらもユーモアに溢れ、子どもはもちろん大人もクスッと笑ってしまうような仕掛けで多くの人を魅了します。

続く会場ではさらに魅力的な〈tupera tupera〉の世界へ。「さまざまなモチーフの絵本」と題し、乗り物、生き物、食べ物など、カラフルで可愛らしく、ユニークなキャラクターが登場する絵本をご紹介。そして、会場の地面にはおたまじゃくしが!絵本の中にとどまらず、遊びながら楽しめるユニークな演出に子どもたちも夢中です!

本展では、絵本になるまでのラフスケッチやアイデアノート、使った道具なども合わせて展示。物語や1枚の絵がどのように生まれるのかを、まるで〈tupera tupera〉の頭の中をのぞくように追体験することができます。

そして、展示の終盤には人気作『パンダ銭湯』を再現!湯船でリラックスするパンダ親子と一緒に写真撮影ができます。さらに、〈tupera tupera〉の絵本制作の原点とも言える、初期の布雑貨や木製作品、舞台やテレビでのアートワーク、身近な材料を使った工作物(工作本へんてこピープルや、tupera tupera の手作りおもちゃからの出展!)も展示されていて、見応え充分です。

展示初日には〈tupera tupera〉のお二人も会場に集まった多くの人たちと交流しました。「人とつながることで、新しいものが生まれる」と語るお二人。活動して15年、めいっぱい手を動かして作品を作っていく中で、自分たちだけではなく、読者や関係者、関わってくれる多くの人たちと一緒に作ってきたという感覚が強いと言います。

お二人に展示の見どころを聞きすると、

亀山さん「切って貼ってつくった原画を間近でじっくり観てもらうと、絵本とはまた違った発見があると思います!」

中川さん「展覧会場の構成から、図録、ミュージアムグッズまで、いろいろな方にご協力頂きながら、最後までこだわって作りました。ゆっくり楽しんで観ていただけると嬉しいです。」と笑顔で話してくださいました。

この秋ぜひ、家族みんなで〈tupera tupera〉の世界に会いに行ってください。

 

今回特別に開催を記念して、MilkJAPON 読者5組10名様に『ぼくとわたしとみんなの tupera tupera 絵本の世界展』の招待券をプレゼントします!

【応募締切:10月11日(水)】

ご応募はこちらから。

 

※本プレゼントキャンペーンはMilK JAPON MEMBERS の方のみがご応募できます。まだ会員でない方は、下記より会員登録後、改めてご応募をお願いいたします。

MilK JAPON MEMBERS 登録はこちらから
*MilK JAPON MEMBERS について