〈Artek〉ダニエル・リーバッケンによる新たな製品を発表!

アルテックは、年若く才能あふれるデザイナー、ダニエル・リーバッケンによる、アルテックが受け継いできた哲学を現代の時代に相応しい新鮮なプロダクトとして昇華した小さな家具のシリーズ「キーラ(Kiila)」と3種類の鏡のシリーズ「124°」を発表。
Photo by Zara Pfeifer © Artek

3つのシーンに分けられたダイナミックなステージ

アルテックは、ストックホルムデザインウィークの期間中、ストックホルム中心部に位置するシェップスホルメン島のモダン ダンス シアターMDTにて、インスタレーション「124°」を実施。その中でノルウェー人デザイナー、ダニエル・リーバッケンによる新たなコレクション「キーラ(Kiila)」シリーズと、「124°」シリーズを発表。「キーラ(Kiila)」は、コート掛け、コートラック、フロアボードとベンチなどの小さな家具を揃えたシリーズ。「124°」は、壁付け鏡または自立式鏡の三つのサイズをラインナップし、どちらも従来のアルテックのコレクション同様に、日々のあらゆる場面やインテリアに調和し、暮らしをより便利に、快適にしてくれるシリーズ。ベルリンの建築事務所マイヤー・グロブルッゲによるインスタレーション「124°」は、モダン ダンス シアターMDTの「劇場」という場所を活かしながらも、アルテックの家具を体感できるステージのような空間に。ダニエル・リーバッケンによる新作、124度の角度で開く鏡と同じコンセプトに基づき、3つのシーンに分けられたステージで、インテリア、風景、空を表現。同時に、訪れた人々が自然に交流することができ、レクチャーやミーティングにも使用できるダイナミックな空間も作られた。

Photo: Gustav Karlsson Frost © Artek
Photo by Zara Pfeifer © Artek
DATE 2017.02.20
Artekについて
アルテックは1935年、アルヴァ・アアルト、アイノ・アアルト、マイレ・グリクセン、ニルス=グスタフ・ハールの4人の若者により「家具を販売するだけではなく、展示会や啓蒙活動によってモダニズム文化を促進すること」を目的に、ヘルシンキで設立。アルテックのコレクションは、フィンランドの巨匠たち、そしてグローバルに活躍する建築家やデザイナーによる家具や照明器具、ホームアクセサリーなどを揃えている。
2017.05.13(土) - 2017.05.13(土)
2017年5月13日(土)

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017