Lifestyle magazine
for modern family
DATE: 2017.06.19

〈PETIT BATEAU〉×〈DEYROLLE〉のカプセルコレクションが登場。コラボレーションを記念したキッズイベント「イマジネーション航海(クルーズ)」をレポート。最後に豪華プレゼントも!

パリの老舗標本屋である〈デロール社〉は、動物・植物の図版入り教育ボードが世界的に有名であり、1831年創業以来『教育』という使命に忠実であり続けています。一方、子ども服を代表するブランドである〈プチバトー〉は、環境に与える影響を最低限に抑えるように配慮しながら、将来子どもたちが受け継ぐ地球の環境に対する責任を常に意識しています。
今回2つの企業の共通する想いによって、コラボレーションコレクションが誕生。〈デロール社〉の教育用ボードから図柄を採用したアイテムが6月2日より販売中です。先日の5月29日には今回のコラボレーションを記念して、国立科学博物館でキッズイベント「イマジネーション航海(クルーズ)」が開催されました。

場所は国立科学博物館。入ってすぐに大きな恐竜がお出迎え。子どもたちの興奮は高まります。

〈デロール社〉のオーナー兼社長である、ルイ・アルベール・ド・ブロイ氏が来日。彼自身が子どもたちに話します。

説明後、お父さん、お母さん達は違う会場へ。

子どもたちだけで探検へ出発。国立科学博物館の中を探検しながら、用意されたスポットで自分たちが使いたい素材を収集します。

この素材がいったい何になるのでしょう?

好きな素材を自分たちのバッグに収集し、最後のスポットへ。

ここで、収集してきた素材を使い、イマジネーションを駆使して自分だけのオリジナルの“希少動物”を作ります。

それぞれ好きなように動物を作り上げていき、「私のは飛べるウサギだよ」「これは世界一へんてこな生き物なんだ」「へんてこっていいね!」など話しながら、作っていきます。

自分だけのオリジナルの『希少動物』を作ることで、希少動物を守るために出来ることを学び考えることが出来るワークショップ。

 

ワークショップ後の〈デロール社〉のルイ・アルベール・ド・ブロイ氏へのインタビューとプレゼントは次のページ。

1 2
DATE 2017.06.19

お問い合わせ先: プチバトー・カスタマーセンター

TEL:0120-190-770
Photograph: MURAKEN(main visual & ブロイ氏インタビュー2枚)
Text: Maki Kakimoto