Lifestyle magazine
for modern family
DATE: 2017.11.16

絵本ってなんだろう?4人のアーティストによる「え、ほん?」展が有楽町 ATELIER MUJIで開催中

有楽町 ATELIER MUJIで、「え、ほん?」展が12月17日(日)まで行われています。4組の様々なジャンルのアーティストが、絵本とは何かについてを考察。

普段何気なく手にしている「本」ですが、人間との関わりは深く、その始まりは石や土から、そして植物や動物の皮など身近な素材を活用し、今では電子化されるなど、その姿を少しずつ変えて私たちの生活に寄り添ってきました。では、もしもその本が、立体になったら?ちょっと風変わりな読書体験とは?

本展では、江口宏志(本好き・蒸留家見習い)、大日本タイポ組合(デザイナー)+国立国語研究所、中村至男(グラフィックデザイナー)、Anna BUDANOVA (アニメーション作家)の4組のアーティストがこの問いに挑戦。彼らの作品は「え、ほん?」と言ってしまうものばかりです。

本とは、絵本らしさとは、何か。読書に何を求めるのか。ほんの少しいつもの視点からはぐれて、迷子になってみるのも楽しいかもしれません。

DATE 2017.11.16

「え、ほん?」展

住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-8-3インフォス有楽町
会場:無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI
開催日:2017年11月3日(金)~ 2017年12月17日(日)
開館時間:10:00~21:00