ピクニックをするようにアートを楽しむ、新たなアートの祭典「養老アート・ピクニック」

IAMASと連携したアートイベント「養老アートピクニック」が養老公園で11月18日(土)、19日(日)の2日間開催。子ども向けのイベントも。

養老公園は、「養老の滝」や「養老天命反転地」、「岐阜県こどもの国」をはじめ、自然と一体になれるスポットが点在する公園。今回、養老公園を舞台に、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)と連携したアートイベントが開催されます。

IAMASはメディアアート、映像、音楽などさまざまな専門分野の研究や活動を行っている大学院大学で、これまでも多くのクリエイティブなプロジェクトを実践してきました。本イベントでは、IAMASならではのアートとテクノロジーを融合させた作品が登場。中には、芝生に寝そべったりハンモックに揺られたりしながら世界の名作アート絵本を広場に持ち出してピクニックを楽しむ「アート絵本ピクニック」や、自然物や様々な素材を使って子どもたちが自由に表現できる「森の子どものアートなひろば」など、子ども向けのイベントも行われます。

その名の通り、ピクニックをするような感覚で、老若男女、誰もが気軽にアートに触れることができる「養老アート・ピクニック」。子どもと一緒にアートに触れる、良いきっかけになるのではないでしょうか。

DATE 2017.11.13

養老アート・ピクニック

TEL:058-272-8664
会場:養老公園一帯(芝生広場、養老天命反転地)
開催日時:2017年11月18日(土)10:00~21:00 ※17:00~21:00ナイトイベント
         11月19日(日)10:00~16:30
料金:無料(養老天命反転地への入場は有料)

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #35
AUTUMN-WINTER 2017