ヨコハマトリエンナーレ2017、テーマは「島と星座とガラパゴス」

現代美術の国際展、ヨコハマトリエンナーレ2017が11月5日(日)まで開催されています。

横浜の街全体を楽しむ展覧会

横浜で3年に1度行われている現代美術の国際展、横浜トリエンナーレ。6回目の開催となる今年は、「島と星座とガラパゴス」をテーマに、世界の持続と孤立の状況について、アートを通じて様々な角度から考察しています。

アイ・ウェイウェイ(艾未未) 《安全な通行》2016 《Reframe》2016 ヨコハマトリエンナーレ2017展示風景(横浜美術館) Photo:加藤健 ©Ai Weiwei Studio 写真提供:横浜トリエンナーレ組織委員会

さらに、本展では改めて「横浜」という街にも注目。横浜の歴史的背景を視野に、横浜美術館の他にも市内の歴史的建造物を会場としています。世界各地のアーティスト約40組による作品展示と、各アーティストが複数点作品を展示することで、まるでたくさんの個展が集まったような空間となっています。

美術館単体のアート鑑賞では得られない、特別な体験がきっと得られるはず。この秋は、家族でアートの街・横浜をめぐってみてはいかがでしょうか。

DATE 2017.09.04

ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」

TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場:横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜市開港記念会館 地下ほか
開館日:2017年8月4日(金)~ 11月5日(日)
休館日:第2・4木曜日
開館時間:10:00~18:00(最終入場17:30)
※10月27日(金)、10月28日(土)、10月29日(日)、11月2日(木)、11月3日(金・祝)、11月4日(土)は20:30まで開場(最終入場20:00まで)
料金:一般1,800円 大学・専門学校生1,200円 高校生800円

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017