「千と千尋の神隠し」湯屋の模型展示も!「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」

スタジオジブリの鈴木敏夫による“言葉”の展覧会が、広島県熊野町の筆の里工房で開催されています。

スタジオジブリの高畑勲監督や宮崎駿監督が創りだす作品の本質を読み取り、言葉にして世に送り出してきたプロデューサーの鈴木敏夫。これまで「かぐや姫の物語」の題字や「風立ちぬ」のキャッチコピーなど、数々のジブリの言葉が鈴木プロデューサーの手によって生み出されてきました。

本展では、日本一の筆の産地である熊野町で、スタジオジブリの手書きの言葉たちを紹介。鈴木プロデューサーが携わったジブリ作品の膨大な手書き資料をはじめ、名台詞を書きおろした書やキャラクターデザインなど、宮崎駿監督との合作などを通して、その言葉の魅力に迫ります。また、鈴木プロデューサーが書いた「千と千尋の神隠し」の名台詞とあわせて展示されている「湯屋」の立体模型も見どころのひとつ。さらに、本展のために熊野筆で書かれた大書「マックロクロスケ」が本館外壁に展示され、来場者を迎えます。

デジタルが普及した今だからこそ、ジブリの言葉を通じて手書きの良さを感じてみてはいかがでしょうか。

DATE 2017.09.08

スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展

住所:〒731-4293 広島県安芸郡熊野町中溝5-17-1
TEL:082-855-3010
会場:筆の里工房
開催日:2017年8月27日(日)~11月5日(日)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
開館時間:10:00~17:00(入場は 16:30 まで)
料金:一般800円 小・中・高校生250円  幼児無料

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #35
AUTUMN-WINTER 2017