日本未発表作品も! カールステン・ニコライ「パララックス」展

人間の知覚や自然現象をテーマにした作品を国際的に発表し続け、現代のアートを代表するアーティストの1人であるカールステン・ニコライによる国内最大規模の展覧会が、千葉県の市原湖畔美術館にて5月14日(日)まで開催されます。
カールステン・ニコライ”unidisplay (ichihara version)” 2012/2017 Photo: Hideto Nagatsuka

“パララックス”をテーマに、その表現の根源を探る

日本国内の個展としては約15年ぶりとなる本展では、2つの異なる点から見ることで、対象が異なって見える視覚効果である「パララックス」と題してその表現の根源を探ります。美術館の空間に合わせるように綿密にリモデルされた作品群には、18メートル長のプロジェクト作品、吹き抜け空間を活用したサウンドインスタレーションなど日本未発表の作品含む6プロジェクトが展示されます。カールステン・ニコライの持つ表現の繊細な美しさが際立つと同時に、新たな鑑賞体験を味わうことができます。

DATE 2017.04.26

カールステン・ニコライ「Parallax」展

住所:千葉県市原市不入75-1
TEL:0436-98-1525
会場:市原湖畔美術館
会期:2017年3月18日(土)〜5月14日(日)
時間:10:00~17:00(土・休前日は9:30〜19:00、日・祝日は9:30〜18:00)
休館:3月21日(火)、27(月)、4月3日(月)
会場:市原湖畔美術館

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017