Lifestyle magazine
for modern family
DATE 2017.08.02
子ども1人とねこ2匹

美術館と水あそび

今日は家族で町田市国立版画美術館の「紙のうえのいきものたち!!」(2017年7月29日(Sat)~9月24日(Sun))へ。
http://hanga-museum.jp/

初めて行きましたが、子どもにもとても優しく、オープンな雰囲気で居心地の良いところです。

 

まず、初日にも関わらず館内はゆったりした人数で、エレベーターに並んだり、ベビーカーで少し大変な思いをするようなことは1度もありません。
(嬉しいことに初日は入場無料でした。)

 

また、本日土曜はトーク・フリー・デー。
“水曜と土曜は作品をめぐる会話をお楽しみください、小さなお子さま連れの方も気がねせずご入場ください”と看板があります。
とはいえ、展示室で大きな猫の絵にテンションが上がった娘が「つくちゃん!つくちゃん!(うちの猫の名前)」と連呼し出したので一回外に出ようとしたところ、スタッフさんが笑顔で大丈夫ですよ~。と声をかけてくださいました。
この後もまた歌い始めたので出ようとしたら、他のスタッフさんも声をかけてくださり、見た絵をじっくり満喫することができました。

周りを見ると、小学生くらいの男の子が父親らしき人に絵について質問しながら、館内で自由にもらえるメモパッドに色々書いていたり
みなさん絵を見て、会話をして、とても和やかに楽しまれています。写真OKエリアも幾つかありました。

 

作品を静かにみたい気分の時もありますが、気兼ねなく絵について語りながら楽しむってこんなに楽しいんだなあ。
おかげさまで、ゆっくりと作品を楽しむことができました。

 

そして、この美術館は芹が谷公園という大きな公園と同じエリアにあり、展示を楽しんだその足でそのまま遊ぶこともできます。
大きな大きな動く噴水からバシャバシャ、バシャー!っと水が落ちてくる迫力満点の池や、小さくて浅い人口の川などがあり開放感で娘も大はしゃぎ。
それでもそこまで混んでいなくて、日陰のベンチも空きがあるほどです。
美術館の喫茶店で今年初のカキ氷を食べました。

駅から徒歩15分、車だと10分かからない位のところにある、緑に囲まれた美術館と公園。お気に入りの場所がまた一つ増えました。

DATE 2017.08.02