Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2017.12.22
子どもといぬ

12月のたのしみ・その2

先週末はお散歩がてら線路の向こう側にある小さなフローリストに足を伸ばしました。都会に出ずともこんな素敵な花々を購入できるなんて嬉しいこと。

12月の部屋に合いそうな植物を少しだけ見繕ってレジに向かうと、お店の方がそういえば!とヤドリギの寄生した白樺を幹を出してきてくれました…素敵。もちろんそれも追加してもらい、ほくほく帰りました。

さて、今日はクリスマスプレゼントのお話です。

 

前回も書きましたが12月の私自身の一番の楽しみと言ってもいいのがみんなのプレゼントを選ぶこと…(ああ、ショパホリック!)ツリーを飾り付けた最初の週末から今まで、ずっとそのことで頭がいっぱいです。

 

幸いまだ息子もこのブログを自ら見られる年齢ではないので今年はどんなものを選んだかここに書いてみようと思います。

 

まず息子がサンタさんにリクエストしたもの。

この間お友達のお家でも夢中で遊んでいた動いたり音がするプラレール。ブリオレールにもリモートコントロールの電動列車があったので、提案してみたところ、これが良い!とお願いしたようです。

さらにはおばあちゃんおじいちゃんには同じくブリオレールの鉄橋をリクエスト。

これはおまけで私から、外履きをひとつ。La Cadenaのスリッポンはソールがアッパーと同色のスポッド模様が入っていてとてもかわいいです。

 

次はoimoへのプレゼント。

ポテトやハンバーガーのおもちゃセット(息子がおままごとで横取りしそうな…)とそれに、歯ブラシと歯磨きガムセット。

 

年が明ければ5歳のoimo、末永い健康を願ってデンタルケアを強化します。

次は夫へ。折り畳み傘を壊してしまってからずいぶん経つ彼へHAYデザインの傘を。それと今年は特別もうひとつ…あげたいものを見つけてしまったから、、この間たまたまモールのZARA HOMEでボーイズサイズのビルケンみたいな室内履きが、片隅で安くなっていたのを見つけてしまって、息子に買ってきてしまい…。これに揃えてお父さんはビルケンだったら絶対可愛いな…と閃いてしまった、、

 

そんなこんなで買い物しすぎてしまったので自分へのクリスマスプレゼントは今年はナシです!笑
(なんて良妻賢母ぶってますが、実際は全然そんなことなくて、これまでに充分自分へのお買い物はしてしまった、というところ…)←&サンタさんがささやかなプレゼントをくれるはず、笑

今年も冬の絵本が出揃いました。
去年はブルーナさんの「クリスマスってなあに?」を選びましたが、今年はクロケットジョンソンのはろるどシリーズでクリスマスのストーリーがあることを知ったので本棚に加えました。佐々木マキさんの「あんたがサンタ?」も読んでみたいけれど、あれが面白いのはもう少し年を取ってからかなあ…?先の楽しみに取ってあります。(と書いていたら、絶版になったみたいで+クリスマスで高騰してる!来年は無事手に入るかしら…)
おなじみ山脇百合子さんの「このゆきだるま、だーれ?」もこのあいだ書店で見つけたもの、早速気に入って、すでに何度も読み返しています。転がる動物たちと、転がるときの音が、なんともかわいい。

 

12月はこんなかんじで、毎日をいつも以上に楽しみながら過ごせた気がします。同時に感じたのは、12月だけでなく1月も2月も3月も、毎月毎日、もっともっとこんなふうに季節を感じながら、日々を楽しみたいなあということ。2018年に向けて、小さな目標が心に宿ります。

 

みなさまもどうぞ素敵な休日をお過ごしくださいね。

 

ではまた!

DATE 2017.12.22

YOU MAY ALSO LIKE

ギフトで考える地域問題「P to P GIFT 2018 Problem to Product Gift」
〈ユナイテッド カラーズ オブ ベネトン〉世界的写真家オリビエーロ・トスカーニが撮影したビジュアルの写真展『NON FATE I BRAVI』を開催!
「紙から本ができるまで展」八戸ブックセンターで開催
32 キッズウェアの可能性を越えるアイデンティティ
MilK JAPON × チェキのPOP UP SPACE『Living with チェキ』による オリジナルポケットガーランドを作るワークショップの様子をお届け!

MilK JAPON × チェキのPOP UP SPACE『Living with チェキ』による オリジナルポケットガーランドを作るワークショップの様子をお届け!

2018.01.11
親子で家事の楽しさ、道具の大切さを実感。MilK JAPONがプロデュースする『Miele Mini House』

親子で家事の楽しさ、道具の大切さを実感。MilK JAPONがプロデュースする『Miele Mini House』

2017.12.27