子どもといぬ

長期休暇の過ごし方について

こんにちは、本日の最高気温38度!(フェーーーン!)お盆休みを目前に世のパパ、ママはお仕事を納めるために慌ただしい日々を送っている頃でしょうか。

 

我が家の夏休みは9月、夫が取る休暇に合わせて旅行へ出かける予定ですが、それとは別にこの連休~お盆ウィークは、我が子が通う保育ママさんが土日含めて合計10連休。後でお休みを取る私たちにとっては、なんとか夫婦やりくりしてこの10日間を乗り切らねばなりません。ひとまず前半の3連休は夫に息子を連れて帰省してもらうことになっていて(私は引き続きお仕事稼働日)、そのあとのウィークデー5日間、息子とふたり(プラス犬)でどう過ごすのかが私にとって今月最大のミッション。頭を悩ますところでもあるけれど、同じくらい楽しみでもあります。

 

それにしても日本の長期休暇って、大半が全国民一斉。東京はじめ都心部に住んでいると、どこへ行くにしても人の行列や車の渋滞が目に浮かんでしまいます。これをどう過ごせば快適に有意義に過ごせるんだろう…結局、遠出はせず家を整える方向にここ最近は行き着いています。日々忙殺されている部分に目をやって、いつかやろうと思っていたあれこれを消化しちゃう、その分ずらしてお休みを取れるときは存分に満喫!(そう思うと、日本でもどんどんフレックスな休暇を取れたり、有休をバンバン使えることがスタンダードになっていったらいいなあと強く思います)

 

7月の連休の過ごし方は、以下。

 

「日が高くなる前に散歩を済ませて、窓掃除も兼ねた水遊び、IKEA(ちょう近所)に買い出し、繕いもの、調べもの、椅子を塗り直すための下準備、などなど。合間に近場で美味しいものを食べて、夜は好きなものを作ってゆっくりお酒をする。」ーインスタグラムより引用

それに、プラス、このときは連休の最終日の夜、千葉まで車を走らせて流山市にあるCafe ONIWAで行われた宮内優里くんの野外ライブに出掛けました。

小さなお家の2階のバルコニーに舞台が設けられ、それを囲む森の中に点在する椅子やテーブルで来場者は好きに寛ぎながら演者の登場を待ちます。やがて日が暮れ、虫の声に彼の奏でる電子音が重なり、やがて虫の声は風の音に代わって、緩やかに宮内君の即興演奏は続く…。最高に気持ちよくて最後の最後にご褒美みたいな夜でした。

派手に出掛けてるでないこんな過ごし方も悪くないです。

 

さあさあ、来週はどう過ごそうか。なにかしら実りあるものとなれば、またここでも書きたいなと思います。

 

皆さま良き休暇を!

DATE 2017.08.10

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017