こどもといぬ

“#wib” on Etsy

こんにちは、年末のダイアリーを書いたときには次はこれを書こうと思っていたトピック。インターネットのお買い物について。

 

あのときはちょうど年末で2016年のベストバイの取材を受けた時で、6年来利用しているEtsy(ハンドメイドやヴィンテージの商品を中心としたマーケットプレイス)について話したのですが、6年前からライフスタイルが変化した今でも、楽しいお買い物のツールであることは変わらずお世話になっています。

 

私が利用し始めた当初はアーティストやハンドメイドの作り手が多く登録していて、私もスペインの写真家のスカーフを買ったり(今でもめちゃめちゃ愛用)、糸を使ったトルコのアクセサリーの作家から届いた手描き(!)のパッケージにウキウキしたり。近年ヴィンテージショップが続々とオープンしてさらに楽しみの幅が広がり、物色しだすと時間を忘れて没頭します…。

 

最近購入したものでは、クリスマスのときに載せたロシアンビンテージのガラスオーナメント(fromウクライナ)や、

ハロウィンコスチューム、

(息子は10月末生まれなので誕生日のお祝いがいつもハロウィンの賑わいと重なります、なのでいっそ毎年ハロウィンコスチュームを着せて誕生日の記念の写真を撮ろうかな、なんて…はてさて何年続けられるか?)

 

柔らかい色味が魅力のビンテージのブランケット、

(この時探してみて改めて、ブランケットって可愛い存在だな、と、色や柄、モチーフ、コレクション心をくすぐられる…)

あとは白樺を使った時計はアメリカはメイン州の小さな村で作られたプロダクト。彼らの作るウォールライトなんかも素敵で気になっています。

 

https://www.etsy.com/jp/shop/urbanplusforest

 

あとはここのお店を見つけた時は興奮したな~、千を優に超える商品のラインナップを前に、小さな薄暗い店内に所狭しと詰み重ねられた雑貨達を、そしてそこに一歩足を踏み入れて宝探しを始めた自分を、勝手に妄想して鼻息荒くなり…。(一番最初の画像の野鳥のたまごを象ったソルト&ペッパーボトルもそこで。スカンジナビアとロシアとどちらにも近い場所に位置するエストニアのお店なものだからそれぞれの古いものを数多く扱っていて、ツボなへなちょこかわいいものがザクザク見つかります~)

 

https://www.etsy.com/jp/shop/RedRooster1980

フランス南部に住むアーティストによって新たに息を吹き込まれたアンティークのお洋服なんかも去年は購入しました。染めの色がなんとも言えません…。

 

https://www.etsy.com/jp/shop/AtelierHope

個人的にイチオシはこども用のパジャマ!ジャージ素材のセットアップだとカジュアルすぎるんだよなあと探していたところに出会ったもの(この他にもリトアニアなんかの上質なリネンの産地でも素敵なホームウェアを多く見つけることができるかと思います)。

 

ショップ自体はオランダにあるのですが、生産はインドで行われているとのこと、上質なコットンを使ったガーゼ生地がまずとても気持ち良い。で、ちょっと大きめでAラインのトップスがなんとも可愛く、襟なしのデザインもなかなか他にない気がします。

 

ちなみに、残念ながら知った時期が遅かったけれど、ベビー用のつなぎがまた愛らしく…!

 

https://www.etsy.com/jp/shop/Khasto

 

友人とも話していたけれど、子育てしながらの毎日なのでインターネットのお買い物にも頼ってしまいますよね。ぜひ少しでもお役に立てれば幸いです。

 

では!

DATE 2017.04.19
2017.05.14(日) - 2017.05.14(日)
2017.5.14(日)

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017