こどもといぬ

3回目のクリスマス

こんにちは、

あっという間に今年もわずかとなりました。みなさまはこの週末、どんなクリスマスを過ごされましたか?

今年は三連休だったのでクリスマスの準備にも時間をかけることができました。おかげで穏やかで暖かな週末だったな。
こどもがうまれるとクリスマスも楽しいよね、なんて現在夫婦ふたりで暮らしている友人がお茶をしているときに話していて、その時はそうかなあ一緒じゃないかなあなんて返答したけれど、でもやっぱりこどもと過ごすクリスマスはソワソワとしたくすぐったいムードに包まれた楽しいものなのかもなあと、後になって思います。

11月の時点で、クリスマスツリーどうする?来年までに考えればいいかな?なんて話していた私たち夫婦ですが(我が家のちいさな男の子は、まだクリスマスを十分に理解していないのか、まだとくに興味がわいていないようなのでした)、12月に入って、だんだんクリスマスが近づいてくるにつれて寂しい気分が押し寄せてくる・・・。

 

結局慌ててイケアへ車を走らせ、モミの木を一本買って帰り、自宅に眠っていたそれらしいものをいくつか飾り。むかしむかし新婚旅行で訪れたプラハの蚤の市(というか大半は日用品が並ぶフリーマーケット)でシーズンが終わったばかりで幸運にも手に入れた古いオーナメント、インターネットで画像検索をしていて偶然見つけてひとめぼれした金魚の形のもの、アルバイトしていたパン屋で不要になってなぜか貰った大きなトップスター・・・

それでも足りなくて慌ててインターネットで探してロシアの古いオーナメントをいくつか買い足しました。

ウクライナのビンテージショップから、最後まで間に合うのかドキドキしながら追跡状況をチェックする毎日でしたが、なんとか直前に届いた。

(細いチューブとガラスの球体でできている、この飛行機をかたどったものがとくにお気に入り)

 

前述のとおり、クリスマスについてはぼんやりな理解の息子でしたが、「パーティ」「ケーキ」の楽しみについては解っているようで、24日は一緒に料理の準備をして(味見も楽しみ)その夜に臨みました。

料理はもう毎年作っているレモンやハーブ、オイルでマリネしてオーブンで焼くチキン(以前通っていた稲葉ゆきえ先生のレシピ)、それに堀井和子さんや内田真美さんのサラダやスープ、初めて作るものや作りなれたもの、ケーキは今年は外で注文しそびれたので、久々に作るなかしまさんのモカロール。

(口ずさむは「エビデージュージュー(ハッピーバースデートゥーユー)」パーティでケーキを食べるときの歌だと思っているらしい)

 

あと、サンタさんへの手紙も。クッキーとミルクを添えて。

プレゼント、なんだかんだ、息子のもの、夫のもの、いくつも用意してしまった。完全にクリスマスを言い訳にして買い物を楽しんでますね・・・ でも、ツリーの下だといくつ並べても様になるのも良い。サンタさんもベッドサイドより息を潜めずプレゼントを置いていけて良いんじゃないかな。

当日の朝は、息子は促されてリビングのツリーのもとへ。まだまだ不思議顔、ワーイと喜んで走っていくのは来年かなあ。

みなさま良き休日をお過ごしくださいね。

 

Happy Holidays!

DATE 2016.12.28

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017