子どもといぬ

なににこどもを乗せるのか

こんにちは!
ついに12月、4つに季節を分けた冬に当たる時期がやってきました。ここ数日で東京もググッと冷え込んで(※これを書き始めた時は12月入ったばかりの日でした)、落ち葉も層をつくるほど降り積もっています。
みなさまはどんな秋を過ごされましたか?キャンプや展覧会やマーケット、ときには大人の興味に付き合ってもらうこともありましたが(色んな場所に行っていろんなものを見てもらいたいなとは常々思っています)我が家は愛犬もいるので、そしてやっぱりこどもにとってリラックスして自分らしく楽しめる場所、公園に行くことが、週末の過ごし方としては圧倒的に多かったです。
東京の良いところは大きな公園があちらこちらにあるところ。私たちの住むエリアにも有名な公園がふたつと、あと大きさはそれには及ばないまでも、のんびりできる緑地・公園がほうぼうにあります。そういった場所に行くのもこれまでは車が多かったのだけど、この気持ち良い陽気もったいない。
2年後にはこどもを自転車圏内の幼稚園へ預ける予定をしていることもあり(ちなみに今は徒歩15秒の保育ママ)
かねて気になっていた自転車のこども乗せについて、ついに本格的に考えることにしたのでした。
以前オランダに住む女性が自身のインスタグラムに載せていた乗り物。そのスタイリッシュなデザインにくぎ付けになり、すぐさま調べました。
大きなかごが前だったり後ろだったり取り付けられた自転車をカーゴバイクと呼び、荷物や子供、とくにはペットを乗せたりして、ヨーロッパの自転車先進国では街でも多く見られる形とのことでした。
彼女が使っていたArban Arrow、自転車大国オランダのブランドです。カーゴ部分の流線を描くデザインがたまらない。
調べていて個人的には一番ツボだった、BABBOE。丸みを帯びた木製カーゴ、プライウッドなんかのこういう曲げられた木にめっぽう弱いです。かわいいなあ
こういったカーゴタイプだとBULITTが国内にしっかりとした輸入会社があるようなので安心して購入できそうです。
ただ調べてみると、電動になっているものがほとんどで、ブレーキもそのためにしっかりとしたものが使われて、かなりの・・・セレブリティ価格。
これで一緒に走れたらさぞ気分も上がるだろうけど、真剣に迷ったけど、たった3年やそこらにやっぱりそこまでの・・・ね。
こちらは後ろ乗せだけど、マットなバケツのような素材のカーゴ、そして色!がとってもかわいいMADSEN。こちらは電動でないせいかお値段優しめ(だんだん金銭感覚が狂ってくる→「金銭感覚がおかしなってからがホンマもんの趣味やな」)
調べていくうちに、クラウドファンディングを利用して、手の届く価格帯で新しいカーゴを開発しているチームもいくつかあることを知りました。
これ、ちょっと画期的!
The LIFT Cargo Kitは手持ちの自転車の前輪を外してカーゴバイクに仕立てるキットです。
Taga 2.0、これもかなり手頃なお値段、小型の可愛らしいカーゴバイクです。しかも水鉄砲がオプションだなんて夢がある。
ちなみに近くの自転車専門店にもそういった類のものの取り扱いはないか聞いてみたところ、こんな楽しい子乗せもありました。
Weehoo、これ、しかもこどもも漕ぐことができるんです。載っている姿きっと可愛いだろな。
最終的に私たちが選んだのはカーゴバイクという形ではなく、バイクトレーラー。
こちらはもっともっと手軽で、簡単に言うとリアカーのようなものを手持ちの自転車の後ろ側に取り付けます。
取り外しは自由だし、畳んでしまったり持ち運ぶこともできる。後ろにバーがついていてバギーとして使えるタイプのものなんかもあります。
BUREYというメーカーは国内で代理店があって、しかも造りもトレーラーの中では一番しっかりしているようでしたが、手持ちの自転車の色との兼ね合いでアメリカのinstepの、シンプルでコンパクトな一人乗せに決めました。
そんなわけで晴れて子乗せを手に入れていざ出発!
この日は貯水池の傍の緑地へ。
ここ数年ですこしずつ、日本も自転車が走るための整備が進められているおかげで、そこまでの道のりも安心して走ることが出来ました。
ちょっとしたアトラクションに乗っているみたいな気分でこどもも楽しそう。
道が細かったり、車が多かったり、坂が急だったり、環境にもよると思いますが(あと現在の日本の道路交通法では軽車両に分類されるので、歩道は走れない、交差点は二段階右折しなくてはならない、など若干面倒なところはありますが)、例えば2人のこどもを前後に乗せてなんてことを考えると、トレーラーはおすすめできるものだと思います。
個人的にはこどもと犬を一緒に乗せて走るのが夢ですが・・・我が家の愛犬は怖がりなので実現出来る日はまだ遠そうです。
また長くなりました。次はもう少しライトなかんじで書きたいです・・・。
なので年末の挨拶もまだしないことにしておきます。
またすぐに!
DATE 2016.12.14

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017