Lifestyle magazine
for modern family
DATE 2017.09.22
子どもと一緒にparis散歩

カルチェラタンの中心的広場 Place du Panthéon

パリの左岸、聖ジュヌヴィエーヴの丘の上にあるフランスの偉人たちが眠るパンテオン。
シュールレアリズム発祥の地です。

 

パリのカルチェラタンは観光客で人気のエリア、
今回はその中心的シンボル、パンテオンに来ました。

建築的に均整が取れたパンテオンは、ギリシア語の「すべての神々」という意味合いを持ちます。
古代ギリシア、古代ローマに栄えた様式で18世紀後半に、サント=ジュヌヴィエーヴ教会として完成しました。

最近のパリでは広場がどんどん改装を加えているのに比べて、ここは昔ながらのゆったりとした佇まいのままです。
周りは多くの学校があり学生たちがいっぱいです。
建物も含めてとてもアカデミックな風景です。

広場に面したホテルはシュールレアリズム発祥の地!
詩人アンドレ・ブルトンはここで<試作の実験(自動記述)>と呼ばれる試みをし、
その後芸術たちに多大な影響を与えたのでした。

 

子『眠りながらの話って自分ではわからないよね』
父『そんなのをここで記録してたんだって』
子『なんのために?面白いね!』
父『現実を超えらるって!』

どの角度から見ても色彩も調和が取れたパンテオンの周りを何周もしてみた。
同じような建物のようでそれぞれちょっと違う。
石畳がびっしり引き詰められているこの広場はいつもと違う世界に紛れ込みそう。
そんな散歩も楽しい。

DATE 2017.09.22