Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2017.12.18
パリの12ヶ月

Grand-mère / おばあちゃん

12月-1

 

ノエルは家族でお祝いする日。
家族それぞれにプレゼントを渡すのがフランス流。
だから親族が多いほどプレゼントも多い。
12月の日曜日は普段定休日のお店も開いていて、プレゼントを両手いっぱい抱えている人をたくさん見かける。
私の心もワクワク。

 

我が家は日日夫婦なのでフランスに親族はいません。
5人家族と猫2匹のクリスマス。

子どもたちのおばあちゃんは富士山の麓に住んでいて、素敵なクリスマスリースを作っている。
庭や近所の森から集めた草木で作る。
一緒にクリスマスやお正月を過ごすことはできないけど、クリスマスリースを来年は作ってもらってクリスマスを過ごそう。
リースと一緒に新年を迎えよう!
と、今気がついた!今年はもう間に合わないだろうから、来年には絶対に。

マルシェでいつものように次女の身長に合わせて買ったサパン。
週末に飾り付けを楽しみにしているのは、クリスマスの次の日に10歳になる次女だけになってしまった。
それでも、長女も長男もその時のワクワクは胸の奥に残っているはず。

 

もちろんサパンのいい香りは私たち家族を幸せにしている。

 

<2歳児語録>
近所のクリスマスディスプレイにはトナカイの剥製が置かれていた。
それを見た5歳児「あのトナカイ死んでるの?」
「そうだよ剥製だよ」と教えると
「トナカイ は死んで、空から落ちてきたんだね」
「???」
「だって空飛んでるじゃん」なるほどトナカイは空に住んでて死んだから落ちてきたとな。

DATE 2017.12.18

YOU MAY ALSO LIKE

ギフトで考える地域問題「P to P GIFT 2018 Problem to Product Gift」
〈ユナイテッド カラーズ オブ ベネトン〉世界的写真家オリビエーロ・トスカーニが撮影したビジュアルの写真展『NON FATE I BRAVI』を開催!
「紙から本ができるまで展」八戸ブックセンターで開催
32 キッズウェアの可能性を越えるアイデンティティ
MilK JAPON × チェキのPOP UP SPACE『Living with チェキ』による オリジナルポケットガーランドを作るワークショップの様子をお届け!

MilK JAPON × チェキのPOP UP SPACE『Living with チェキ』による オリジナルポケットガーランドを作るワークショップの様子をお届け!

2018.01.11
親子で家事の楽しさ、道具の大切さを実感。MilK JAPONがプロデュースする『Miele Mini House』

親子で家事の楽しさ、道具の大切さを実感。MilK JAPONがプロデュースする『Miele Mini House』

2017.12.27