Lifestyle magazine
for modern family
DATE 2017.10.10
パリの12ヶ月

Cartable / ランドセル

10月-1

 

フランスの幼稚園は手ぶらなので、小学校からカバンが必要になります。
ランドセルのようにカチッとしたものではなく、素材や形や色など自由に選べます。
小学校の入学の時から3年間、長男が使っていたもの。
横長タイプは物が探しやすくて取り出しやすい。
アップリケを縫い付けてひと目で自分のだとわかるように。

我が子たちの歴代のCartable / カターブル。

 

小学校高学年になると<EASTPAK>を持っている生徒が半数を占めます。
色、柄が豊富でとにかく丈夫で機能的だからでしょう。
リセンヌの長女も使っています。

学校によっては教室に教科書を置いておけないので、荷物が多い子どもたちはローラー付きのカターブルをコロコロと。
長男と次女は午前中はバレエのレッスン。午後は勉強。また夕方にレッスン。
と、とにかく移動と荷物が多いので<EASTPAK>のローラー付きで登校しています。
これは便利!

新しいカターブル。
長男と次女は色違いで<VANS>。
バレエのレッスンや日本語補習校に行く時、身軽な時はこれを使います。

 

こうやって使い分けてわかったこと。
明日の準備は前の日に!
忘れ物がグンと減ります。

 

<2歳児語録>
大きな教会の前で結婚式の記念撮影をしていた。
それを見た2歳児「あっ、プリンシェスだー!」すかさず4歳児「そうだよ、お姫様がここに住んでるんだよ」と得意げに説明する。
気持ちはわかる。

DATE 2017.10.10