パリの12ヶ月

DOCUMENT / 入学書類

6月-2
もう7月ですがもう一つだけ6月のお話を!

 

6月はフランスは学年末、年度末。
この時期に我が長女はリセが決まり、次女は小学校の編入の合格発表がありました。
フランスは書類の国!と言っていいくらい書類はどんなところにもついてきます。
こんな学校の合否も全て書類選考なのです。

次女は9歳。日本でいう4年生なのですが、9月から1日の半分を特殊分野のレッスン、もう半分を普通の勉強をする<ECOLE DES ENFANTS DE SPECTACLE>と呼ばれる公立学校へ編入を希望しました。バレエ、演劇、スポーツ、音楽などを専門的に勉強している子どもたちが集まる学校です。
どんな書類が必要かというと….。

小学校の前年度の成績表、今までのバレエコンクールでの受賞歴、住民票、モチベーションレター(どれだけやる気があるか直筆のもの)バレエ学校の先生からの授業時間割…….など。
そして、できれば舞台での写真。

この中でフランスっぽいなーと思うのは<モチベーションレター>
自分で何度も書き直して、最終的には長女がフランス語の綴りなどチェックしたものを本人が書き写しました。
どんなに成績が良くても、ここで自分の意見を書けないと合格できない!と先輩ママン。

 

学校も終わろうとしている6月最終金曜日に合格の通知が届き、これも書類。
合格です。

 

そして、合格するとこれまた入学に関する書類の山。
長女のリセ、次女の編入と書き込み書き込みは続きます〜。

 

日本の3月と同じように、6月は卒業や編入など、最後の学園生活を送ったそんなフランスの子どもたちです。

 

<2歳児語録>
「これなに?」が始まった2歳児。
絵本を指差して「これなに?」と2歳児「わに」と教えると繰り返して「わに」。
「これなに?」「ライオン」「ライヨン」。
「これなに?」「ぞう」二歳児はなぜかうなずきながら「そう」としみじみ。

DATE 2017.07.14

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017