パリの12ヶ月

Vacances d’hiver / 冬休み

2月-1
この前ノエルのお休みの話をしたと思ったら、もう、パリの子どもたちは冬休み/通称スキー休みに入ってしまった!
1ヶ月にごとに2週間のヴァカンスがあるのだから、このダイアリーをちょっと書かないと毎回ヴァカンスのお話にになってしまうなあぁと反省。
 
さて、なにしよう? 2週間。
じゃあ、<ないものは作る>シリーズ。
お味噌編。

我が家は日本食大好き! 去年の今頃、初めてお味噌を作って、その美味しさに家族全員びっくり。
もう、既製品に後戻りはできない感じ。
BIOの大豆とゲランドの塩で贅沢に仕込みました。
ドイツに住むお友達が、ひよこ豆でお味噌を作っらた美味しかったというのを聞いて、ひよこ豆でも仕込み食べ比べ。
家族5人一致で、ひよこ豆!
 
というわけで今年はひよこ豆だけで1.7キロ仕込むことに。

前の晩から水につけたひよこ豆、2倍ぐらいに膨れました。
 
蓋を開けたまま火にかけて、プクプクアクが出ていたら丁寧にすくって。
圧力鍋の蓋をしてシュッシュッと圧力がかかってから15分、火を止めて15。
このぐらいが1キロのひよこ豆がちょうどよく柔らかくなるとわかった。

豆を煮ている間に、麹と塩を丁寧に混ぜる。
熱いうちに潰して、
その間に煮汁は人肌ぐらいに冷ましてから塩と麹を入れて混ぜて仕込み終了。
 
3ヶ月ぐらい待ちましょう。
 
そうそう、大豆とひよこ豆。
ひよこ豆の豆の方が甘みとコクが強い。
これでサーモンや白身魚を味噌漬けにすると粕漬けっぽくなって妙に美味しい。
 
こんな地味な作業も、子どもたちと一緒だから楽しいのだ。

 

 

<2歳児語録>
どんぐりころころを大声で歌う2歳児「おいけにはまって”ちょー”たいへん」と感情を込めて歌っていた。
わからなくもない。

DATE 2017.02.17

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #33
AUTUMN-WINTER 2016