マーシャ日記

子どもの服

小夏はまだ小さいから、服は何を着せてもすぐに汚れるけど、
汚れても素敵な物を着せたいと思っている。
すごく気に入っているボントンの黄色のオーバーオールがあって、色が薄いからお尻のところは滑り台を滑った跡、膝には転んだ跡が残っている。洗っても取れないけど、それを見ていると遊んだ楽しい思い出が蘇る。

サイズも、ストリートっぽくオーバーサイズに着た方が可愛い物もあるけど、
ジャストサイズでピッタリに、子供らしい体系が強調されるように、ちょっと小さめに着せるのが好き。
サイズがすぐに変わってしまう、一瞬しか着られない洋服たち。
写真に残っているその一瞬が、実にかけがえのない素敵なもの。

 

この古着のワンピースは、サイズがジャストすぎて一瞬しか着せられないけど、とびきりの可愛さ!

私は元々の服好きもあって、仕事柄いろいろな服を着ることが多く、趣味の幅も広い…いろんな物が好きすぎて、一つのジャンルに収まらないのはたまにちょっと悩むけど、「いろんな服を着て自由に楽しめばいい」と思うようになった。

 

小夏にも、世の中の「カワイイ」だけに縛られず、いろいろな服を着てほしいな。

DATE 2017.06.16

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017