こんにちは。
最近、ちょっとだけスムーズに寝かしつけできるようになったので、
今回の「マーシャ日記」は毎日繰り返している決してベストではないけど、
楽しいルーティンについて。

家に帰ってから、まず欠かせないのは「メリーポピンズ」鑑賞。

アンパンマンでも、ミッキーマウスでも、教育テレビでもなく、
とにかく「メリーポピンズ」が大好きみたい。

1910年代の衣装とセットが素敵な「メリーポピンズ」、
毎日見ても不思議と飽きない素敵な一本。はじめて観たのは10代の頃で、ジェーンとマイケルのような子供部屋に憧れていたのを思い出す…

足の長いBert (Dick van Dyke)の踊りも素晴らしく、
「Supercalifragelistic-Expialidocious !」が頭から離れない毎日、しばらく続きそう。

映画が終わると今度は「レゴ」でお城を作る時間。
家事すると小夏に怒られて、お城づくりを手伝わされる。

ときどきパパも「怪獣」役として参戦。
ホットカーペットを下に敷いたラグの上で遊んでいると、
そのうち目をこするようになって、そろそろ寝る準備。
大嫌いだった歯磨き、最近はなんとか朝と夜、スムーズにできるように。

こども歯磨き粉を「おいしいネ」と食べる小夏…ま、いいっか…

あれっ!歯磨きしたのに、ベッドでジュース!?…

最後に、長―い長―い「オハナシ」の時間。
本の読み聞かせだとなぜか眠くならないので、毎日私の作り話をゆっくり静かな声で聞かせています。「魔女と怪獣の話」「メリーポッピンズと魔女と怪獣の話し」「XXX君とXXXくんママと小夏ちゃんと小夏ちゃんママの話」などなど。そのうち私も眠くなって、気が付いたら言っていることがめちゃくちゃ!
ストーリーの最後に「Stay Awake」を5~6回リピートで歌って、ついにこの通り!

そして、リビングはこの通り…

私はワイン一杯を飲み、ネイルを塗って23:00に寝る。

一年前は叶えると思わなかった夜の過ごし方!

DATE 2017.01.24

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017