Hello! From LUNCH LADY

クラッカーとフムスと、ケンドリック・ラマーでおかしなダンスを(CRACKERS, HUMMUS AND STUPID DANCING TO KENDRICK LAMAR)

今日はずっと車の中でどういうふうに書こうかなと思って過ごしていました。ニュースがあったわけでもひらめきがあったわけでもなく、ただ今朝私が感じたことをそのまま書き留めたかったんです。
子どもたちを見ていると、子どもたちがこちらを振り返ることがありますよね。その視線は、こちらの頭と心と全身を、大きな愛情と誇りと喜びと、他のもっと強い感情……今日ずっとなんて表現しようか考えていた感情であふれさせます。
I’ve spent most of my time in the car today thinking how to write this post. There’s no news or revelation, I’ve just been trying to articulate a feeling I experienced this morning.
You know when you look at your kids and they look back at you in a certain way. The way that makes your head, heart and whole body explode from a overload of love, pride, joy and some other intense emotion I’ve been trying to grasp all day.

子どもたちが大きくなってからは、ますますしょっちゅうそういう気分を味わっています。成長した子どもたちは、私を寝させてくれて、コミュニケーションが上手になって、とっても扱いやすくなります。赤ちゃんはぎゅっと抱きしめたくなるほどかわいくていい匂いだけど、一緒に何かしたり、手の届かないところにあるものを取ってくれたりはできません。
Admittedly, I experience these feelings more often now my kids are older. They let me sleep, have better communication skills and can be pretty handy. Babies are cute, cuddly and smell amazing, but they don’t offer much in the way of companionship or the ability to pass anything to you out of arm’s reach.
今朝、うちの一番下の子がものすごい悲しそうだったんです。それは「朝ごはんにチョコレートマフィン3つも食べちゃダメって言われた」的な悲しみではなくて、静かな涙がほおを流れるような悲しみです。私は胸を引き裂かれるような気分で、すぐに「なんとかしなきゃモード」になりました。子どもが悲しんでいるのを見るのは自分が悲しい思いをするよりずっとつらいものです。そういうとき子どもがハッピーになるためなら何でもしますよね。
This morning I caught my littlest person genuinely sad. Not, “I’m not allowed to eat a third chocolate muffin for breakfast” sad, but a real silent tears down the face sad. It tore me up and I went straight into “fix mode”. It hurts WAY more to see your kid sad than feeling sad yourself. It’s a billion times harder and you’ll do whatever’s necessary to return that face and heart back to its happy state.

私は子どもを抱きしめました。それから、ケンドリック・ラマーの音楽に合わせておかしなダンスをしたり、フルーツで目とか顔のパーツを作ったり。そしてまたぎゅっとハグすると、娘に笑顔が戻ってきました。私は沈みそうな船の救助に成功したわけです。
午後には、私は大きなジャーにいっぱいの娘のお気に入りのクラッカーと、食べきれないほどのフムスを作ってあげました。
子どもが親を必要としているとき、他のすべてのことは二の次。そうしようとしなくても、自然とそうなってしまうものです。
ケイトより
We hugged, I did some crazy dancing to Kendrick Lamar, I made eyes out of cut pieces of fruit and we hugged some more. She was smiling again, and I’d saved the ship from sinking.
This afternoon I made her a huge jar of her favourite crackers and an almost endless supply of hummus.
The world takes a back seat when your kids need you, it isn’t even considered. It just does.
Kate XX
クラッカーとフムスの作り方
TURN THAT FROWN UPSIDE-DOWN CRACKERS + HUMMUS

クラッカー
[用意するもの]
・小麦粉 3カップ※1
・ 茶色っぽいグラニュー糖※2 小さじ2※3
・塩 小さじ2
・オリーブ油 大さじ4
・水 1カップ
・なにかトッピング(私はブラッククミンシードとフェンネルシードを使いました)
※1 オーストラリアは1カップ=250mlです(編集注)
※2  caster sugarは日本にはない種類の砂糖で、グラニュー糖に近いもの。golden caster sugarは茶色っぽくcaster sugarより素朴な風味のあるもの。代用するなら三温糖がよいでしょう(編集注)
※3 オーストラリアの小さじは5ml、大さじは15ml。日本と同じです(編集注)

[作り方]
1. オーブンを230℃に温めておく。
2. 中くらいのボウルに粉末類をすべて入れて混ぜ合わせる。
3. オリーブ油と水を加え、もったりとするまで混ぜ合わせる。
4. 生地を2つに分け、1つは置いておく。打ち粉を広げた台の上で手のひらでたたいてのばす。
5. 3mmかもう少し薄くなるくらいまでめん棒でのばす。
6. 混ぜ合わせたトッピングを生地の上に散らす。ぱたぱたたたいて埋めるようにすると、とれません。
7. ふくらまないようにフォークで生地一面に穴をあけておく。
8. よくきれるナイフかピザカッターで生地をクラッカーサイズに切る。きっちり切り分けても、私がやったみたいにラフに切っても。
9. (形が崩れないよう)スパチュラですくって、クッキングシートを敷いた天板の上に並べる。
10. 約15分、焦げ色がつくくらいまで焼く。
11. 焼いている間に残りの生地も準備して、最初の分が焼けたらそのまますぐオーブンに入れる。
12. 網の上で冷ます。
13. 密閉容器で保存する。

For the crackers:
WHAT YOU NEED
・3 cups plain flour
・2 tsp golden caster sugar
・2 tsp sea salt
・4 tbsp olive oil
・1 cup water
・stuff for sprinkling on top, I used black cumin seeds and fennel seeds

WHAT YOU NEED TO DO
1. Preheat the oven to 230℃ / 450˚F.
2. In a medium bowl, whisk all the dry ingredients together.
3. Add the oil and water to the flour mixture. Stir until a sticky dough is formed and all flour is incorporated.
4. Divide the dough into two and set one half aside. Sprinkle your bench lightly with flour and pop the other half on top. Pat the dough down with your hands.
5. Roll the dough out until roughly 3mm thick or even thinner.
6. Combine your seeds, for topping, in a bowl and sprinkle over the dough. Pat the seeds into the dough so they don’t fall off.
7. Prick the dough all over with a fork, to stop them from becoming puffy.
8. With a sharp knife, or pizza cutter, cut the dough into crackers. You can make them into cool shapes, or go for the rustic vibe I had going.
9. Using a spatula, put the crackers onto a baking tray lined with baking paper.
10. Bake for 15 minutes, or until they’re your desired golden brown.
11. While that batch is in the oven get cracking on the other half and pop them in once your first batch is ready.
12. Cool crackers on a wire rack.
13. Store in an airtight container.

フムス
[用意するもの]
・にんにく 2かけ
・ねり胡麻 大さじ2
・レモン汁 3個分
・クミンパウダー 大さじ1
・スモークパプリカパウダー 大さじ1
・オリーブ油 大さじ2
・ひよこ豆(水煮) 4カップ
・塩こしょう 適量

[作り方]
1. ニンニクは皮をむいてフードプロセッサーに入れる。
2. 細かくなるまでフードプロセッサーにかける。
3. ひよこ豆以外の残りの材料をフードプロセッサーに加え、よく混ぜ合わせる。
4. ひよこ豆も加え、なめらかなペースト状になるまでフードプロセッサーにかける。
5. もうちょっと欲しいな、と思う味を足す。私がいつも加えるのはレモン汁。レモン汁はいくら入れても足りないくらい。
6. 密閉容器に移して、オリーブ油を表面に少し注ぐ。
7. クラッカーと一緒にどうぞ。


For the hummus:
WHAT YOU NEED
・2 garlic cloves
・2 tbsp tahini
・3 lemons, juiced
・1 tbsp ground cumin
・1 tbsp smoked paprika
・2 tbsp olive oil
・4 cups chickpeas, cooked
・salt and pepper, to season

For the hummus:
WHAT YOU NEED TO DO
1. Peel the garlic and pop in a food processor.
2. Whizz until chopped into tiny pieces.
3. Add the rest of the ingredients, apart from the chickpeas. Whizz until combined.
4. Add chickpeas and whizz until you have a smooth paste.
5. Add more of whatever flavour you feel is lacking, I always seem to add more lemon, I can’t get enough of the stuff.
6. Store in an airtight container with a little olive oil on top.
7. Enjoy with the delicious crackers.
DATE 2016.11.09
2017.05.13(土) - 2017.05.13(土)
2017年5月13日(土)

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017